MENU

旬のおすすめ

「ここは外国?」ディーン・フジオカ写真集で注目の「磐梯吾妻スカイライン」観光案内

ディーン・フジオカファンの皆様に贈る撮影地めぐりと観光情報

スカイライン3

福島県出身でミュージシャンやモデルとしても活躍中の人気俳優、ディーン・フジオカさん。6月30日にファースト写真集「Z-Ero DEAN FUJIOKA」が発売され話題になりました。

ディーンさんのワイルドな魅力が際立つ写真の数々。「いったいどこで撮ったの?外国?」と疑問を感じる方も多いでしょう。

実は、福島の人気ドライブコース「磐梯吾妻スカイライン」で撮影されたのです。

ディーンさんのストイックな姿と荒涼とした磐梯吾妻スカイラインのイメージが相まって、ディーンさんの新境地が表現されてます。こんな形で福島県を応援していただけて嬉しい限りです。

そこで今回は、写真集の撮影地となった磐梯吾妻スカイライン、浄土平周辺について、おすすめスポットとともにご紹介いたします。

磐梯吾妻スカイラインとは

全長約29km、最高標高1,622m(平均標高1,350m)の観光道路で、「日本の道100選」では、日本離れしたスケールの山岳道路としても認められています。

Twitterで「日本のアリゾナ!?」としても話題となり、絶景ドライブを楽しみたい方に大人気です。

2013年までは有料道路(普通車・1,570円)でしたが、東日本大震災による観光復興策のひとつとして無料化されました。

※なお磐梯吾妻スカイラインでは、ガス濃度が高くなる場所(硫黄平橋周辺・浄土平から高湯側へ約1.5km)があります。周辺には看板がありますので注意して走行しましょう。

撮影地となった浄土平周辺へのアクセスは?

2021年は残念ながら公共バスの運行がありませんので、マイカーやレンタカー、バイク、タクシー、貸切バスなどをご利用ください。

目指していただきたいのは浄土平駐車場。福島駅西口から車で約1時間、最寄りの高速道路福島西または福島大笹生インターチェンジからは約50分で到着です。

浄土平駐車場

駐車場利用料 普通車500円、二輪車200円、マイクロバス1000円、大型バス2000円
※トイレや探勝路など地域の公共施設の維持管理、美化清掃に役立てられます。

新幹線利用の方におすすめ「タクシープラン」

JR福島駅・高湯温泉・土湯温泉出発のタクシープランを利用すれば、地元タクシードライバーの案内で、手軽に絶景の浄土平までのドライブを楽しむことが出来ます♪
タクシーで巡る福島路パンフレット

〈参考〉P6~7 スカイライン3時間コース・スカイライン吾妻小富士体験コース参照

JR福島駅(西口)の福島市観光案内所では、タクシープラン手配をはじめ様々な観光案内を行っておりますので、ぜひお立ち寄りください。

浄土平散策のスタート地点は、浄土平ビジターセンター

1991年環境省によって建てられた自然公園の情報センター(案内所)です。公園内の自然を分かりやすく説明するコーナーなどがあり、初めて訪れた方は、まずこちらを訪問してから散策するとより楽しめます!
浄土平ビジターセンター公式HP

ディーンさん写真集の撮影ポイント「吾妻小富士」

浄土平の東に目の前にそびえる山で、地元では、残雪の頃に種まき兎が出現することで知られます。駐車場から徒歩10分ほどで火口が目の前に現れ、一周約40分で釜めぐりができます。気軽に登れるとはいえ、岩場や足場が悪いところも多いので、スニーカーやトレッキングシューズでの登山をおすすめします。

登り口。2021年8月に新たに設置された階段のおかげで、以前より登りやすくなりました。

吾妻小富士のお鉢に到着。振り返ると、浄土平駐車場が小さく見える。

すり鉢状の火口が広がる。

まだある浄土平周辺の観光スポット

浄土平レストハウス

軽食、お土産販売やトイレ休憩などができる施設です。国立公園内という事で、トイレが限られた場所にしかありませんが、こちらに立ち寄ってから散策すれば安心ですね。

湿原散策

鎌沼

鎌沼(トレッキング)

浄土平ビジターセンター付近の湿原は、木道が整備され車いすの方でも気軽に高山植物や湿原が広がる自然を楽しむことができます!湿原は、駐車場の目の前なので、ファミリーで楽しめますよ。比較的手軽なトレッキングコースとしては、鎌沼一周コースがおすすめ。約2時間半で高山植物を楽しみながら変化に富んだ地形が楽しめます。とは言っても、標高1700mは超えるので、天候の急変に備えて、雨具や飲料等の用意をして出かけましょう。

磐梯吾妻スカイライン近くの2つの温泉

撮影地めぐりをしたあとは、二つある近くの温泉にぜひどうぞ。

1.高湯温泉〜温泉にこだわりたい方向け

高湯 高湯温泉 じゃらん 満足度1位

じゃらん「全国温泉地満足度ランキング2021」で、3年ぶりに1位に返り咲いた高湯温泉は、全ての入浴施設が源泉かけ流し。白濁した硫黄泉は、秘湯ファンに絶大な人気を誇ります。お湯の良さを味わいに多くのリピーターが訪れる、公衆浴場の「あったか湯」、旅館の日帰り湯などを浄土平と一緒に味わってみては!?
磐梯吾妻スカイライン近く「高湯温泉」日帰り入浴OKの施設まとめ

2.土湯温泉〜温泉だけじゃなくスイーツや食事、街歩きも楽しみたい方向け

東北三大こけし発祥の地としても知られる土湯温泉。山間の渓谷にある温泉街は、湧き出す源泉によって泉質が異なり、単純泉や単純硫黄泉、炭酸水素塩泉を含めた10以上の源泉から楽しむことができます。渓谷沿いには滝やつり橋もあり、マイナスイオンたっぷりの散策も楽しめます♪

2020年にオープンしたばかりの温泉街の中ほどにある「おららのこみせ」では、オニテナガエビ釣りができ、その場で調理して食べる事もできるのでファミリーにも人気。このほか、温泉宿が運営するカフェなどで発酵食品や福島の桃を使ったメニューも続々登場!

体を動かすことが好きな方には、女沼でのSUP体験もおすすめ。日常の喧騒から離れ、大自然の醍醐味を存分に味わってみては!?
いま土湯温泉の街歩きが楽しい!女子旅向きの新スポットをご紹介

【土湯エリア】福島市お店を回ろうキャンペーン紹介Vol.4

開放感あふれる土湯「女沼」で、気軽にSUP&カヤック体験!

磐梯吾妻スカイラインの麓は、桃の産地!

福島と言えば「桃」。磐梯吾妻スカイラインの玄関口には観光果樹園には今の季節、桃がずらりと並びます。ここでは、果物狩りもできますので、ぜひお立ち寄りください。

桃狩りができる果樹園案内

撮影地めぐりがてら絶景ドライブや温泉、今なら桃狩りも楽しめる福島市へ、ぜひお越し下さいね。

 

(DEAN FUJIOKA公式ウェブサイトはこちら

福島市の魅力満載! 人気記事ランキング

みんなに人気の福島市情報! コンテンツ別 人気ランキング

観光・スポット

体験・ツアー

グルメ・お土産

温泉・宿泊

福島市の特産品! ふるさと納税をご紹介