MENU

旬のおすすめ

規格外品の桃を人気メニューにする工夫〜ピーチホリデイ2022の裏側(飲食店編)

桃メニューで売上げアップした飯坂町のカフェ

ピーチホリデイ2022では、桃を果樹園から参加店へ配送支援し、規格外の桃に価値を付け、福島市内に循環させる仕組みを作り、飲食店や宿泊施設など市内65店舗が参加、福島の美味しい桃を使ったメニューを、より多くの人に楽しんでもらうことが出来るようになりました。

配送支援が始まったきっかけ、福島の桃を取り巻く課題や背景についてはこちらの記事ををご覧ください。
福島市の特産品「桃」の価値を地域全体に広げる〜ピーチホリデイ2022の裏側(配送支援編)

今回は配送支援を利用しピーチホリデイで売上げを伸ばしたお店の一例として、飯坂町の「cafe HIRANAGA」にお話を伺いに行って参りました。

福島市飯坂町の人気カフェ「cafe HIRANAGA」

ピーチホリデイ参加店のcafe HIRANAGAは、こだわりのコーヒーとスイーツが人気のカフェ。連日多くの人が集います。
この夏cafe HIRANAGAには、福島駅西口の観光案内所で配布するパンフレットとピーチホリデイのシール台紙を手に、カフェを訪れる観光客の姿が多く見られたといいます。

お話をお聞きしたのは、店主で料理を担当される永井美佐子さん。

規格外の桃を配送して市内のお店で使うという取組みについて「とても素晴らしいことだと思う」と賛同、快くピーチホリデイメンバー(参加店)になっていただきました。
「ピーチホリデイって、名前がすごくカワイイと思う!」と永井さん。ネーミングまで気に入って下さったようで嬉しいです!

店主の平野さん(写真左)と永井さん(写真右)、お二人の名前を繋げて店名を「cafeHIRANAGA(ひらなが)」に。

cafe HIRANAGAには、週1回、毎週月曜日の朝に果樹園から2キロの桃が届くことになっています。今年始まったばかりのシステムでしたが、毎週の配送はとてもスムーズで、問題はなかったそう。

この日届いたばかりの桃を見せていただきました。

あづま果樹園の桃で、品種は「ゆうぞら」。箱を開けると桃の甘い香りがひろがります。

今年6月のひょう被害を受け傷がついているものなどが中心ですが、こうして箱に詰められている桃は、ちょっと見たところ規格外の桃には見えません。

傷は主に裏側(木になっているときには上を向いている部分)にあるそうで、傷のある部分も見せていただきました。

確かに傷が出来ていたり、色が少し黒っぽくなっている部分がありますね。こうした小さな傷や変色などがあることで、規格外となった桃は通常の出荷ができなくなってしまうのです。

規格外品も工夫次第で使い方はいろいろ

永井さんに、規格外の桃を使う難しさやご苦労についてお聞きしました。

「そのまま使うには難しいものもありましたが、ほとんどが問題なく使えました。難しいものでも臨機応変に。使い方を工夫して、ペーストにしたりシロップにしたり。処分するような部分はなかったです」と永井さん。なんと皮まで使ってくれたそうです。

こちらは主に桃の果肉を使い、鮮やかな色を出すために桃の皮の部分も使って作ったという桃シロップ。(桃の皮は丁寧に洗っています)
とても鮮やかな色ですが、自然の桃の色なのです。色を出すのが難しく、この色が出るまでには何度も試作を繰り返されたそう。

「まどか」の皮を使ったシロップ。同じような皮の色でも品種によって色の出方が違うのだそう

さらに、そのシロップを使って煮た白桃がこちら。

鮮やかなシロップで煮た白桃が優しい桃色になりました

この2つが使われピーチホリディのメニュー「ピーチソーダ」が完成しました。

桃がゴロゴロ入った爽やかなドリンク「ピーチソーダ(680円)」 9月末までの提供

見た目重視ではなく、農家さんの苦労を伝えたい!

最近はSNSなどの影響により、「見た目」や「映え」が重視される時代になりました。

「どれだけ農家さんが苦労して作っているか」という大切な事が忘れられていることを永井さんは心配しています。cafe HIRANAGAでは、見た目の悪い部分もあえて隠さずに使います。そのためお客様から「なんでこの桃はへこんでいるの?」と聞かれることもあったそう。そんな時は、規格外の桃である事をしっかり伝えています。

「消費者にも農家さんの苦労を知ってもらうことが大切」と考え、日々それを実践しています。「みんなが助け合っていかないとね!」と永井さん。人と人との繋がりを大切にされていることが伝わりました。

自然の中で作られる果物や野菜は、傷や変形があっても当たり前。私たち消費者はそのことを忘れてはいけませんね。

桃はデリケートな食材、変色も早いので様々な工夫がされています。「モカ・ピーチショート」(1100円/コーヒー付)
9月末までの提供

まだまだ続く福島の果物シーズン

cafe HIRANAGAをはじめ、たくさんの参加店の皆さんが桃メニューや桃コンテンツ開発にご協力下さり、多くの人に福島の美味しい桃を楽しんでもらうことが出来た今年のピーチホリデイ。

観光に来た人の「桃を楽しめるところが少ない」という印象の打開につながる第一歩となったのではないでしょうか。

桃の季節は間もなく終了しますが、今後も梨やぶどう、りんごなど、福島の果物の収穫時期は続きます。

ピーチホリデイの配送支援も、桃から梨へ移行し、cafe HIRANAGAでも引き続き梨の配送を利用しています。現在は梨を使ったケーキなどを考案中。どんなメニューが登場するのか、楽しみですね。

福島の果物シーズンはまだまだ続きます!

cafe HIRANAGA(詳細ページ)

福島市の魅力満載! 人気記事ランキング

みんなに人気の福島市情報! コンテンツ別 人気ランキング

観光・スポット

体験・ツアー

グルメ・お土産

温泉・宿泊

福島市の特産品! ふるさと納税をご紹介