MENU

モデルコース

ご夫婦・母娘•カップルで楽しむ土湯温泉

お二人でゆったりと過ごす土湯旅

ご夫婦や母娘やカップルで旅を楽しむ宿

二人でゆったりと寛ぎの時間を過ごせると、アンケートで人気だったのがこちらのお宿です。

はるみや旅館

10部屋中4部屋が個室露天風呂付のお部屋で、プライベートを大切にしたこじんまりとしたお宿です。若旦那自らが腕を振るい、地元の旬のものを大切にした料理も大人気!夏にはチェックイン時間に合わせて桃を冷やしたウェルカムフルーツも大変喜ばれています。

水織音の宿 山水荘

土湯温泉街の中では一番大きな旅館で団体の方も入る規模ですが、広い庭園を散策したり、滝を間近に眺めながらの露天風呂や広い大浴場があり、館内でゆったりとくつろぐことが出来る宿です。バリアフリーにも力を入れていて老若男女お楽しみいただけます。

小滝旅館

弐番館は全10室が露天風呂付客室となっており、プライベート空間で滞在期間中お好きなタイミングで源泉かけ流しを楽しめます。お食事は囲炉裏風懐石で、テーブルと椅子のお席で炭火で焼いたイワナ料理や地鳥や山菜料理をお召し上がりいただけます。

里の湯

離れの露天風呂付客室や、部屋ごとに貸し切れる露天風呂など、プライベートを大切にした宿。磐梯朝日国立公園に位置する渓谷が目の前に広がり、大自然の解放感の中でかけ流しの湯を楽しめます。食事は目にも美しい9品~10品の懐石料理をご堪能頂けます。

 水織音の宿 山水荘 はるみや旅館 
 小滝旅館

土湯別邸 里の湯

 

土湯温泉街の食事を楽しむ

朝9時から営業しているカフェは、チェックアウト後に楽しめることでも人気。土湯のお土産品も購入できます。

土日祝日なら夜営業のお店もあるので、夕飯後に土湯温泉街を探索することもできますよ♪

味工房 ひさご 木曜定休 11:30~14:00、(金・土・日のみ夜営業あり)18:00~22:00

温蒸し食堂 ゆげ 年中無休 11:00~15:00(L.O. 14:30)

おららのコミセ 年中無休 10:00~16:30(16:00 エビ釣り終了&L.O.)
※繁忙期は、金土を中心に夜営業(17:00~21:00 L.O.20:30)詳しくは公式SNSをご覧ください。

源泉湯庵 森山 年中無休 9:00~18:00

足湯カフェCASVAL 月~金定休 土日営業 11:00〜19:30

つちゆカフェ&クラフト ロータス 月~金定休 土曜日 11:00~17:00 / 日曜日 11:00~16:00 

味工房  ひさご 温蒸し食堂 ゆげ

 

 おららのコミセ 源泉湯庵 森山
 つちゆカフェ&クラフト ロータス 足湯カフェCASVAL

エビ釣り体験

土湯温泉の中心部にある『おららのコミセ』では、エビ釣り体験が出来ます。

自分で釣ったエビを、お店の隣に設置されたコンロで焼いてお召し上がりいただきます。

命を頂く大切さを改めて感じる事ができる貴重な体験スポットになっています。

お召し上がり頂いたエビは、臭みが全くなく、頭やしっぽもカリッと美味しく頂けるため、みなさん大変驚かれます。

おららのコミセのエビは土湯生まれ、土湯育ちのオニテナガエビ。12年連続で水質日本一に選ばれている一級河川の荒川の水で育てられているため、自然のうまみが凝縮された美味しさになっているのだそうです。

コミセのスタッフ小島さんは、福島へのIターン組。もともと海外旅行で各国を旅してまわるほどの旅行好きで、旅仲間が福島市のシェアハウスに住んでいたことがきっかけとなり、洋服だけを持って旅するように福島で暮らし始めたのだそうです。様々な場所を見てきた旅好きの小島さんだからこその視点で、土湯の魅力をたっぷりと教えてくださいますよ。土湯温泉街の玄関口にあるおららのコミセでぜひお話を伺ってみてくださいね♪

エビのほかにも、小島さん達が開発した地元の食材を使った美味しいメニューがたくさんありますよ。

住所

福島県福島市土湯温泉町上ノ町1

 TEL 024-573-9133
営業時間

10:00~16:30(16:00 エビ釣り終了&L.O.)
※繁忙期は、金土を中心に夜営業(17:00~21:00 L.O.20:30)実施。詳しくは公式SNSをご覧ください。

定休日

無休

駐車場

なし(湯愛舞台をご利用下さい。)

HP・SNS

公式ホームページ

公式Instagram

備考  

 

話が弾む足湯の魅力

土湯温泉街には無料の足湯が全部で4つあり、足湯巡りをお楽しみ頂けます。写真のかじかの湯は“なかや菓子店”や“旅館福うさぎ”の向かい側にある足湯です。老若男女入りやすい泉質で、足だけでも体の芯までポカポカ温まりますよ。

福島市内から車で30分ほどの場所なので、市内に勤めている方は、仕事の休憩がてら足湯に浸かってアイディア出しをすることも。

ついつい話が弾む足湯の魅力をご堪能ください。

 住所 福島市土湯温泉町八郎畑2 Google MAP
電話番号 024-595-2217 (土湯温泉観光協会)
営業時間 午前9時から午後5時
 定休日  年中無休
備考 源泉かけ流しのため湯温は日によって変動があり、入浴可能な開始時間が変更になる場合がございます。

サウナー必見!沢水の水風呂

日帰り入浴が出来る御とめ湯りでは、男湯・女湯にはドライサウナ(室内平均90度)があり、沢の水を引いた水風呂も。外気温に応じて水の温度が変化するそうで、冬は特に冷たい水風呂に!本格派のサウナ―にもたまらない、リピーター続出の施設です。

写真提供:御とめ湯り

こけし好き必見!こけし蒸し

同じく御とめ湯りの貸切風呂で体験できるのが『こけし蒸し』。こちらはサウナの息苦しさが苦手な方でもお楽しみいただけます。

なんといってもこのフォルムが可愛らしいですよね。こけし好きの方にはたまらない体験!当日でも空きがあればご利用頂けますが、

貸切風呂の場所で体験頂くため、事前に御とめ湯りへご予約を入れるのが確実。お楽しみください♪

 住所 福島市土湯温泉町見附32−1 Google MAP
 TEL

024-563-7373

営業時間

≪日帰り入浴≫
入浴受付 10:00~21:00(最終受付 20:30)
飯どころ 11:00~19:00(L.O.)
貸切部屋・蛍-hotaru-(貸切浴室)10:00~20:00(最終受付 19:00)
※18:00以降の16歳未満のみでのご利用はご遠慮いただいております(保護者同伴)

≪宿泊≫
チェックイン 15:00〜20:00
チェックアウト 10:00

※メンテナンスによる休館日は、公式ホームページやSNS等でご確認ください。

※2022年4月より素泊まり専用の温活サブスクプラン開始。御とめ湯りへお問合せ下さい。

● Weekly(週額) ¥19,800 込
● Monthly(月額) ¥59,800 込

駐車場 あり(23台) ※満車の場合は湯愛舞台の駐車場をご利用ください。
HP・SNS

公式ホームページ

facebook

Instagram

宿泊予約フォーム

備考

利用人数 最大128名(男性64名・女性64名)

こけし蒸し利用料金 1,000円(1セット)※会員様限定。別途、入館・入浴料がかかります。

土湯温泉街と周辺でご夫婦やカップルの旅に人気のスイーツ処

福島市では夏にはピーチホリデイ、冬にはアップルホリデイを開催し、傷がついたり形や大きさが様々で値段がつかない果樹をスイーツに姿を変えて付加価値化して農家支援を行なっています。飲食店を中心に毎年フルーツスイーツが続々登場!

不揃いでも傷があっても農家さんが手間暇かけて作るのは同じなので味は絶品!!フルーツホリデイのアンケート結果から、ご夫婦やカップルの旅で来店された方から満足度が非常に高かったお店をご紹介いたします。

旬のフルーツを使ったメニューが多いため、来訪される時期により提供メニューが異なります。

まるせい果樹園森のガーデンは冬季休業中です。さくらんぼパフェが提供される2023年6月頃から再開予定です。

 おららのコミセ(土湯温泉地内) おららの酒BAR(土湯温泉地内)
 くだもの畑 honey bee(土湯エリア)  ささき牧場カフェ(土湯エリア)
 四季の里 庭園喫茶 風(土湯エリア) 納屋カフェ椿(土湯エリア)
 cafe HIRANAGA(飯坂エリア) 大笹生カリィ (道の駅ふくしま内)
 まるせい果樹園 森のガーデン(飯坂エリア)  PEACHMAN CAFE(飯坂エリア)
 京都フルーツ大福果寿庵(エスパル福島店内) ミナモカフェ(福島駅東口周辺)
Vase ~Stay&Lounge~(福島駅東口周辺)  パティスリーエクロール(福島駅東口周辺)

土湯温泉宿泊前後の人気の立ち寄り観光地

フルーツホリデイのアンケートで、ご夫婦やカップルが土湯温泉の前後に立ち寄られている場所をご紹介します。

土湯温泉から115号線沿いに下ると福島西IC入り口がございます。高速道路も利用しやすい立地のため、距離に関係なく温泉巡りを楽しまれている方もいらっしゃいました。お出かけの参考になさってみてくださいね。

 会津鶴ヶ城・街あるき(会津若松市) 岳温泉(二本松市)
福島西IC~会津河東IC 車で約1時間 一般道国道115号線で土湯温泉から車で約15分
 郡山市(福島県)  国見町(福島県)
福島西IC~郡山IC 車で約50分 一般道で土湯温泉から車で約1時間
 草津温泉(群馬県) 新潟市(新潟県)
福島西IC~金井IC 有料道路を使って約4時間30分 福島西IC~新潟中央IC 約2時間30分

 

金澤千裕

YouTubeチーム / 福島市ロケツーリズムプロデューサー/ コンテンツマーケッター

金澤千裕

 福島大学経済学部企業経営学科卒。情報処理技術者試験の一区分である国家試験 ITパスポートを保有。リコージャパンで勤務の後、結婚で主人の転勤先となった金山町で役場臨時職員に。再び主人の転勤で福島市へUターン。福島市観光コンベンション協会の委託を受けて、ロケツーリズムやコンテンツマーケッターとして福島市の魅力造成や発信、DX化に注力している。
 美味しいものを食べ、歴史的建造物を愛で、文化に触れる事が好き。青春18切符で日本縦断や、これまでに18カ国を旅した経験、家族の転勤によって福島県の浜中会津の居住経験も情報を発信する際に役立っている。二児の姉妹と主人も福島の魅力発見を楽しみながら協力してくれている。「子供が誇れる福島の魅力」に磨きをかけるべく日々奔走中。「マキとチヒロ」のチヒロ担当。

ライター紹介はこちら

福島市の魅力満載! 人気記事ランキング

みんなに人気の福島市情報! コンテンツ別 人気ランキング

観光・スポット

体験・ツアー

グルメ・お土産

温泉・宿泊

福島市の特産品! ふるさと納税をご紹介