MENU

旬のおすすめ

福島市内に宿泊すると賞品が当たる!「ご宿泊『ありがとう』キャンペーン」

アンケート回答で応募もカンタン♪

どんなキャンペーンなの?

2022年4月25日から、「福島市へのご宿泊『ありがとう』キャンペーン」がスタートします。

このキャンペーンは、福島市の対象施設に泊まってアンケートに回答するだけでSDGs貢献商品が当たるというもの。
福島県の「県民割プラス」を利用すれば、宿泊割引と県民割クーポンを受けられる上に、豪華賞品が当たるダブルチャンス!

アンケートに答えるだけで簡単に応募できますので、ぜひ気軽にご利用ください。

対象宿泊施設はこちら

キャンペーン応募方法は?

キャンペーンに応募する方法は簡単。たったの3ステップで応募できちゃいます。

ステップ1:福島市内のホテル・旅館に泊まる
       ▼  
ステップ2:アンケートに答えて応募する
       ▼
ステップ3:ふくしま名産品が当たる

アンケートにご回答いただく際は、宿泊チェックイン時に宿泊施設から配布される専用チラシに記載のQRコードを読み取ってご回答ください。

キャンペーン期間は?

キャンペーン期間は4シーズン。シーズンごとにプレゼントが変わります。

申込受付期間(対象宿泊日)

第1期 2022年4月25日~6月30日
第2期 2022年7月1日~9月30日
第3期 2022年10月1日~12月31日
第4期 2023年1月1日~2月28日

どんな商品が当たるの?

第1期は、福島市内でSDGsに貢献している3商品がプレゼントに。1商品30名、合計90名に当たります。

①ももがある「ももふる」5袋セット(30名様)

福島市 ももふる ももがある ももぴくるす 完熟桃

福島市 ももふる ももがある ももぴくるす 完熟桃

「ももふる」は、「木成り完熟桃」の果肉を新鮮なまま瞬間冷凍した、新感覚スイーツシャーベット

「完熟した桃の一番の美味しい食べ時を、どうにか多くの人に食べてもらえないか?」と試行錯誤の上に生まれたのが「ももふる」です。
品種はあかつき、まどか、黄金桃、川中島白桃、ゆうぞら、黄貴妃、さくら白桃のうち5種類。旬が短く収穫時期が異なる桃の品種を、1年中いつでも楽しめます。

品種ごとの香りや色、味の違いをぜひ食べ比べてみてください。

ももがある オンラインショップ
https://www.momogaaru.co.jp/shop/

完熟の美味しさをそのまま瞬間冷凍した【ももふる】で福島の魅力を伝え続ける
https://www.f-kankou.jp/pickup/8170


②REPACO「フルーツエッグ」1箱(30名様)

洋菓子の製造・販売で有名なREPACO(レパコ)。

そのパティシエが材料にこだわり、自ら納得のいく卵、フルーツエッグを作りました。レパコの洋菓子にはすべてフルーツエッグを使用しています。

「フルーツ酵母」をふんだんに与え、より自然に近い「平飼い」の環境から生まれたのがフルーツエッグ。 自由に歩き回れる環境で育った元気な親鶏から産まれた卵は味が違います。
卵は味が濃く、甘みも感じられ、すっきりとした口どけが特徴。 卵独特のクセがないので卵かけご飯にもおすすめです。

レパコ オンラインショップ
https://repaco.shop-pro.jp/


③Next・creation「BENIKOHAKUジュース」2本セット(30名様)

「べにこはく」は、「ほおずり」と「陽光」の交配種として誕生した福島産のりんご。
外観が濃い紅色で、果肉には琥珀色の蜜が多く入ることから、ひらがな表記で「べにこはく」と命名されました。
「べにこはく」をジュースに加工すると、リンゴジュースのイメージを覆すような綺麗な琥珀色に。すっきりとした酸味が余韻として残ります。
「必死に育てた作物を穴を掘って埋めるのではなく、農家の皆さんの畑や田んぼから商品として一つ残らず消費者の皆様へ届いて欲しい」。そんな想いで作られた”ロクジカ”商品です。

福島市ふるさと納税 農家の想い BENIKOHAKU

震災後に造園業から転身。ふるさと納税を媒体に「べにこはく」ジュースを製造販売【ふくしま果樹園】
https://www.f-kankou.jp/pickup/8008

第1期キャンペーンは6月末まで!

福島県の県民割プラス事業も2022年5月末まで延長になりました。
お得に泊まって、豪華賞品が当たるチャンスです。
ぜひご利用ください。

キャンペーンページは、こちら

齋藤幸子(さいとうゆきこ)

レギュラーライター

齋藤幸子(さいとうゆきこ)

2010年に福島市に転入。WEB制作会社→銀行窓口業務→大学広報補佐を経験。2児の子育てをしながら、2019年より「福島に移住・転入した女性が、福島の暮らしの情報を発信するサイト tenten」でライター活動をはじめる。現在はフリーライターとして各種WEB媒体で執筆中。主に地域情報や生活情報の発信を行ってきたが、観光ノートのライターになり取材記事の沼にハマる。写真撮影、画像編集、マップ作成なども行う。

ライター紹介はこちら

福島市の魅力満載! 人気記事ランキング

みんなに人気の福島市情報! コンテンツ別 人気ランキング

観光・スポット

体験・ツアー

グルメ・お土産

温泉・宿泊

福島市の特産品! ふるさと納税をご紹介