MENU

旬のおすすめ

【温泉×アップルホリデイ】土湯温泉街でご当地スイーツを楽しむ

冬といえば温泉! 足湯カフェでまったり&おいしいスイーツをどうぞ

温泉もご当地グルメも、どっちも楽しみたい!

今年も残りわずか。2022年に思い残すことはありませんか?

福島市ではこの冬、初の試みとなる「ふくしまアップルホリデイ2022」が開催されています。これは旬のりんごを使ったオリジナルメニューが食べられるキャンペーンで、参加店を巡ってシールを集めることでキャンペーンに応募することが可能(応募は2023年1月31日まで)。
福島のりんごは「福島の桃」の影に隠れがちですが、その美味しさからリピーター続出の名産品なのです!

■詳細はこちらをclick⇒ふくしまアップルホリデイ2022
■お得なキャンペーンも開催中⇒今、応募できるお得な3大キャンペーン!年末年始の運試し)

現在「全国旅行支援キャンペーン」が開催されており、少しずつ賑わいをみせている市内各所。
今回は福島市観光ノート編集部に『土湯温泉が盛り上がっている』との情報が入りましたので、さっそくご紹介していきます!!

みなさまの休日がより一層、充実したものになりますように。ぜひ参考にしてみてください。

足湯できちゃうカフェ!? 絶品りんごメニューを特等席で

東北自動車道「福島西」インターチェンジから、車で約15分。国道115号線をただひたすら上っていくと到着するシンプルなアクセス環境で、福島市民からも愛される土湯温泉。

今回、アップルホリデイ参加店の中でも、ひときわ賑わいを見せていると話題なのが『足湯Cafe Casval(キャスバル)』です。

場所は「土湯温泉観光協会」の並び

こちらのお店、何が話題なのかというと……

店内に足湯があり、浸かりながらゆっくりカフェを楽しめるのです!!

窓際に設けられた足湯席は4席。源泉かけ流しで、お肌スベスベに

多数の漫画が並んでおり、長居もウェルカムな雰囲気

アップルホリデイメニューはこちら!
「りんごのタルト」(500円)
ストレート果汁100%の「りんごジュース」(350円)

キャスバルでは、他にも「土湯カレー」や「オムライス」「スフレパンケーキ」などの軽食を食べることができます。雪景色を眺めながらあったかい温泉に浸かって、スローな時間を過ごしてみるのはいかがでしょうか?

隣接する旅館で日帰り入浴も可能なカフェ!

続いて土湯エリアでもう1店ご紹介します。

こちらのお店は編集部にもファンが多い『カフェ源泉湯庵森山』。旅館「ニュー扇屋」併設のカフェで、ふくしまスイーツ・プレミアムの認証を受けた「湯庵プリン」が看板メニューのお店です。

アップルホリデイメニューはこちら!

「りんごのタタンの乗ったカタラーナ」(440円)
「りんごのタタンとプリンのクロッフル」(1000円)

広々とした店内にはカフェスペースが設けられており、ワンちゃんとの入店も可能。

隣接するニュー扇屋では日帰り入浴もできる(14:00~17:30 ※最終受付17:00)ので、おいしくいただいたあとは温泉もぜひ利用していってくださいね。

ビタミンカラーで元気になれる、和モダンな店内

他にも土湯エリアでは、8つの施設がこの企画に参加しています。

どれも利用しやすいメニューなので、楽しくめぐって商品をゲットしてください!

【土湯温泉エリア・アップルホリデイ参加店一覧】

ふくしまアップルホリデイ2022 土湯温泉エリア | ふくしまアップルホリデイ2022 (peachholiday.jp)

足湯Cafe Casval(キャスバル)

 住所

福島市土湯温泉町杉の下20 Google MAP 

連絡先

024-563-1429(土日のみ)

営業時間 土・日のみ 11:00〜19:30
定休日

月・火・水・木・金

駐車場

なし(共通駐車場をご利用ください)

HP・SNS

Instagram

 

カフェ源泉湯庵森山

 住所

福島市土湯温泉町字下の町18 Google MAP

連絡先

024-595-2014

営業時間 9:00〜18:00
定休日

なし

駐車場

なし(土湯温泉観光交流センター 湯愛舞台をご利用ください)

HP・SNS

Instagram

福島市の魅力満載! 人気記事ランキング

みんなに人気の福島市情報! コンテンツ別 人気ランキング

観光・スポット

体験・ツアー

グルメ・お土産

温泉・宿泊

福島市の特産品! ふるさと納税をご紹介