MENU

旬のおすすめ

こけ女のあなたへ〜土湯温泉こけしづくしの街めぐり【動画あり】

こけしパラダイスのカフェからこけし工房まで

「土湯温泉」で、土湯こけしの魅力を体感

リポーターのあっこです。
福島市の四季の里で、土湯こけしの絵付け体験にチャレンジし、すっかり土湯こけしの魅力に引き込まれました。

【四季の里】楽しい!クリエイティブ!「土湯こけし」絵付にチャレンジ【動画あり】

そこで今回は、日本三大こけし「土湯こけし」発祥の地「土湯温泉」で、さらに、土湯こけしの魅力を体感してきました。

それでは、まずは、こけしパラダイス⁈な土温泉街の中心部にある「Tsuchiyu Cafe & Crafts Lotus」でランチをします。

こけしに囲まれてランチ「Tsuchiyu Cafe & Crafts Lotus」

ベジタリアンやヴィーガンに対応した料理とオーガニックドリンクなどが楽しめる「Tsuchiyu Cafe & Crafts Lotus」

Tsuchiyu Cafe & Crafts Lotus

鮮やかな水色の壁紙が映える店内には、土湯こけしをはじめ東北各地のこけしが約1000体並んでいます。

こけしが約1000体並ぶ店内

元々、写真館だった場所をカフェに改装しました。

当時その写真館で販売されていたこけしも引き継いで飾られていて、中には、亡くなられたこけし工人の貴重な作品もあります。

中には、レアなこけしも並ぶ。

まるで自画像のようなこけしの写真。

当時の写真館で撮影された写真

オーナーの佐藤薫さんは、当初はこけしのファンではありませんでしたが、見ているうちにすっかり土湯こけしに愛着が湧き、今では、ろくろの模様や蛇の目の頭、かわいい表情が大好きだそうです。

こけしは、購入もできる。

ながめているうちに愛着が湧いてくるところが、こけしの不思議な魅力のひとつですね。
見て、触って、気に入ったこけしは購入してみてくださいね。

からだに優しいランチメニュー

ベジタリアンやヴィーガンに対応した料理を、かわいいこけしたちを眺めながら楽しめます。

バインミー

ベトナムのサンドウィッチ「バインミー」です。
野菜たっぷり、シャキシャキ、甘酸っぱい「なます」がアクセントのさっぱりとした味。
高たんぱく、低カロリーな大豆でできたスモークハム。
普段のお肉と変わらない食感と味で、食べ応えもじゅうぶんです。

異国情緒を味わえる食と器

食後には、オーガニックドリンクと季節によって変わるスイーツも楽しめます。
ベトナム珈琲とフランスのケーキ「りんごのシブースト」。

ベトナムスイーツセット(バインミー+ドリンク、スイーツ)1,650円

海外で購入した食器も、こちらのカフェのこだわりです。
見惚れてしまうほど美しいベトナムの珈琲カップ。

ベトナム珈琲

珈琲が抽出されるまで、約8分ほど待ちましたが、このゆったりとした時間を楽しむことこそがベトナムの文化だそうです。

コーヒーは、ナッツの甘い香りが漂い、コーヒーの下の方には練乳が入っていて、すっきりとまろやかな甘さで、また飲みたいと思う忘れられない美味しさでした。

ふんわりと優しい口当たりのクリームに、大きな角切りのシャキシャキするりんごが入ったケーキ。

りんごのシブースト

かわいいこけしに囲まれて、からだに優しい異国情緒を味わえるランチにスイーツと、ゆったりと心もリフレッシュできました。

さて次は、土湯温泉で1番多くのこけしに出会える「湯愛舞台」へ向かいます。

こけしの絵付け体験もできる「土湯温泉観光交流センター 夢愛舞台」

土湯温泉をはじめとする観光の情報発信拠点「土湯温泉観光交流センター 夢愛舞台(ゆめぶたい)」

土湯温泉観光交流センター 夢愛舞台

高台にあるので、展望広場から土湯温泉街や吾妻山系の山々の絶景も楽しめます。

土湯温泉街や吾妻の山々の絶景

見上げるほどの高さ3メートルのこけしが出迎えてくれます。

高さ3メートルの巨大こけし

およそ2千体の土湯こけしをはじめ東北各地のこけしを見ることができるほか、土湯こけしの絵付け体験もできます。

こけしの絵付け体験(こけし大 970円)

予約不要で、初めてでもスタッフが丁寧に指導してくれます。
約1時間でオリジナルのこけしが完成!

土湯こけしの特徴

頭に「蛇の目(じゃのめ)」という蛇の目があり、「カセ」と呼ばれる髪飾り、目元が「上まぶた・下まぶた」あり、女性的なフォルムになっています。

土湯こけし

また、頭が胴にはめこみ式で、首を回すと「キイキイ」と鳴くのが特徴です。
詳しくはぜひ動画をご覧ください。

土湯こけしを知れば知るほど、実際に作っている工人さんに会いたくなってきました。

こけし工房の見学は、基本的には事前予約が必要です。
「こけしのひとりごと」という観光パンフレットに工房の案内が載っているので、予約をしていくのが確実ですが、当日でも対応可能な場合もあります。

というわけで、次は「こけし工房」へお邪魔します。

土湯温泉観光交流センター 夢愛舞台 

こけし工房でこけし作りを見学

私がお邪魔したのは、夢愛舞台から徒歩2分ほどの西山敏彦工人の工房です。

西山敏彦工人の工房

こけしができるまでを間近で見ることができ、お話も聞くこともできます。

西山敏彦工人

西山さんは、西屋直系の工人で、西屋のこけしを伝承するとともに、その時代時代に合った、子供から大人まで楽しめるようなこけし作りを大切にしています。

こけし作りを間近で見られる。

最近では、どこでも自分のすぐそばに置ける、5センチ弱の小さなこけしや、わくわくドキドキが隠されたアイデアの光るこけしなどを作っています。

約5センチ弱の小さなこけし

仕掛けのあるこけしたち

こちらもぜひ動画でドッキリ感を楽しめるこけしをご覧ください。

西山敏彦工人と土湯こけし

匠の技を間近で見て、作り手から思いを聞いて、より一層こけしに愛着がわきました。
土湯温泉には、まだまだこけしなスポットがたくさんありますので、ぜひ温泉とともに巡ってみてくださいね。

土湯温泉観光協会

Tsuchiyu Cafe & Crafts Lotus 店舗情報 

 住所
〒960-2157 福島県福島市土湯温泉町下ノ町9
 TEL 024-572-7796
営業時間 土曜日 11:00~17:00 日曜日 11:00~16:00
定休日 月曜日~金曜日
駐車場 土湯温泉観光交流センター『湯愛舞台』に無料駐車場有り(63台)
混雑時間帯 なし
HP・SNS

公式サイト

備考

※テイクアウトあり
※事前予約がおすすめ
※新型コロナウイルス感染状況により営業時間が変更となる場合があります。公式サイト等でご確認ください。

鈴木亜紀子

レポーター / 動画クリエイター / レギュラーライター / SNS担当

鈴木亜紀子

福島市出身。東洋大学社会学部卒。アナウンサーとして放送局で培った企画、取材執筆、動画撮影リポート、編集などを手掛けるマルチクリエイター。ライターとしては、フジサンケイビジネスアイのコラムやwebグルメライターなどを経験。テレビ取材されるほど郷土愛が強く、リポート時は「I♡ふくしま」Tシャツを着用。「福島の関係人口の構築に寄与したい!」をモットーとし、個人で福島の魅力を発信するほか、福島県の「福島に住んで。アドバイザー」も務めている。

ライター紹介はこちら

福島市の魅力満載! 人気記事ランキング

みんなに人気の福島市情報! コンテンツ別 人気ランキング

観光・スポット

体験・ツアー

グルメ・お土産

温泉・宿泊

福島市の特産品! ふるさと納税をご紹介