Loading...

クマガイソウ便り

クマガイソウ便り

 

第15回 クマガイソウの里まつり

~今年のクマガイソウの見頃は終了いたしました~

【期間】2018年5月6日(日)~27日(日) 9:00~16:00
【場所】福島市松川町水原
※無料駐車場完備
※カーナビでご来場される方は、目的地を「福島市立水原小学校」に設定し、水原小学校までお越しください。そこからは、案内板で現地まで誘導いたします。
【問合せ】
松川町観光協会(福島市役所松川支所内)024-567-2111
まつり期間中現地会場 024-567-5515

最新開花状況はココ!水原と自然を守る会のブログはこちらをご覧ください >>

クマガイソウの里まつり2018(PDF) >>

クマガイソウ群生地へのアクセスはこちらをご覧ください(PDF) >>

 

<クマガイソウについて>
クマガイソウとは、ラン科の多年草で、紅紫色の網目状脈がある袋状の花弁が特徴的な花です。 松川町水原は、全国でも数少ないクマガイソウの群生地です。

 

2018年5月12日

クマガイソウは満開に咲いています。
木漏れ日に照らされています。

多くのお客様が訪れ、花々を鑑賞したりカメラで撮影したりしていました。

2018年5月6日

5月6日より、今シーズンの「クマガイソウの里まつり」が開幕しました。
オープニングセレモニーが開催され、関係者、来賓と水原小学校の児童によりテープカットが行われました。

今年は暖かい気候のため、花の開花が早くなっております。メインステージのクマガイソウは、すでに満開です。

2017年5月16日

クマガイソウは、現在見頃です。ご覧ください。


ほかにも花は咲いておりますが、現地に行ってからのお楽しみです。


会場入口の売店では、特産品や野菜なども販売しております。

2017年5月13日

5月13日は、福島市観光コンベンション協会主催の「水原クマガイソウの里と民家園」日帰りツアーで県内外からのお客様がクマガイソウを見にクマガイソウの里を訪れました。


あいにくの雨ですが、クマガイソウは見ごろを迎えています。

普段見れないニリンソウ、ヤマブキソウの群生や山野草などもたくさん見ることが出来ます。
画像は、ホウチャクソウ、クリンソウです。

昼食は期間限定で味わえる、人気の地元手打ちの「藤八そば」です。
今年の営業は、5月13日(土)~21日(日)10:00~14:00、場所は狼ヶ森集会所です。
是非、クマガイソウを見た後にお立ち寄りください♪

2017年5月8日

5月8日(月)会場では、オープニングセレモニーが開催され、関係者、来賓と水原小児童によりテープカットが行われました。
また、天気も良く、早くも花を見に来た方がいらっしゃいました。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、会場の案内図です。

クマガイソウはまだ咲いておりませんが、これからが楽しみです!

2016年5月19日

クマガイソウはまだまだ見頃です! 群生地いっぱいに咲き誇る姿は圧巻ですよ!!

こちらは珍しい双子のクマガイソウです。(写真中央)

順路を進みながら、出会った花です。(ヤブデマリ、フタリシズカ) ほかにもたくさん咲いています。発見する楽しみもありますよ!

<クマガイソウの里 イベント情報>
「藤八そば」22日(日)まで開催しております!
地元「ド田舎そば打ち会」の皆さんが、松川産のそば粉を使った 「挽きたて・打ちたて・茹でたて」の三たてそばで皆様のお越しをお待ちしております。
クマガイソウの里の手前、「藤八そば」ののぼりが目印ですよ!

期間:5月22日(日)まで
時間:10:00~14:00
場所:狼ヶ森集会所

2016年5月13日

クマガイソウは最盛期を迎えております。 暖かい木漏れ日の中、綺麗に鮮やかに色付いてますよ!

ヤマブキソウが群生地いっぱいに黄色い花弁を広げて、皆様を歓迎しております! 群生地の場所は現地ガイドさんに確認してみてください。

14日(土)から、「藤八そば」が開催されます。 地元「ど田舎そば打ち会」の皆様の手打ちそばを、ぜひ味わってみてください!

期間:平成28年5月14日(土)~5月22日(日)
時間:10:00~14:00
場所:狼ヶ森集会所

2016年5月9日

クマガイソウが見事に咲き始めています。これから増々色付き、見頃を迎えますよ!

ヤマブキソウも綺麗な黄色の花をたくさん咲かせています。 また、珍しいヤマシャクヤクが一輪、かわいらしく咲いています。場所はガイドさんに確認してくださいね!

会場入口の売店では、地場産野菜や特産品を販売しております。
地元お菓子屋さんのあわもち、笹だんごなどもおススメです!

2016年5月6日

5月6日(金)会場ではオープニングセレモニーが開催され、関係者、来賓と水原小児童によりテープカットが行われました。
また、水原小児童16名により『クマガイソウを守ることの決意』が宣言されました。

クマガイソウの群生地では、少しずつ花が咲き始めているようです!
水原小の児童が、現地ガイド活動に向けて、群生地を見学し、学習しております。
(13日、16日、21日に水原小児童による現地ガイド活動を予定)

順路を歩きながら珍しい草花と出会えるのも魅力ですね。
(イカリソウ、ラショウモンカズラ)

■お願い■
クマガイソウをはじめとする貴重な山野草の自然を守るため保護活動協力金お一人300円(中学生以上)にご協力お願いいたします。

2016年5月05日

5月5日(木)いよいよ第13回クマガイソウの里まつりがスタートしました。 昨年に引き続き、暖かい気候の影響で山野草の生育が早く、早めの開催となりました。 会場までの道中、各所に案内表示がありますので、安心してお越しください。

ニリンソウやヤマブキソウなどは、ところどころで咲いており、 見頃を迎えております。まさに『山野草の宝庫』ですね!

珍しいヤマシャクヤクの蕾がありました。開花までもう少しです!



そしてメインのクマガイソウ!こちらはつぼみが膨らみ、 これから徐々に見頃を迎えるというところですね。 (今年は日々寒暖の差が激しく、開花予想がとても難しい状況です…)