MENU

旬のおすすめ

「おかえりモネ」「あまちゃん」「エール」・・・朝ドラ舞台の四市が連携、福島市では「ふりかエール旅」がスタート!

「モネ」放送スタートに沸く気仙沼市&登米市に行って来ました!

四市がタッグを組んでつくる「地域の新しい魅力」

東日本大震災から10年、被災3県を舞台とした朝ドラ「おかえりモネ」「あまちゃん」「エール」が縁で繋がった宮城県気仙沼市と登米市、岩手県久慈市、福島県福島市が広域で連携する新たなプロジェクトが始動しました。

5月22日(土)、放送開始したばかりの「おかえりモネ」の好スタートで盛り上がる気仙沼市で行われた四市合同記者会見に、福島市観光コンベンション協会の女子チーム2名も参加して参りました。

会場にはたくさんの報道陣が集まり、注目度の高さを感じます。

プロジェクト名は「気仙沼・登米・久慈・福島おかえりプロジェクト」。「おかえりモネ」の主人公が東北、気仙沼に戻ってくるストーリーになぞらえて、四市が、訪れる方々の故郷になれるような土地になりたいという想いがこもっています。

「朝ドラ」をテーマにした広域連携は全国でも珍しく、翌日には、福島民報、福島民友の地元紙に大きく掲載され、さらに、なんと全国41ものwebメディアにも取り上げられました!

→デジタル版メディア掲載一覧(2021/5/23時点。今後リンク切れが発生する場合があります)

この夏には、東京交通会館(JR有楽町駅から徒歩1分)に、三市のPRの拠点もオープン。首都圏の朝ドラファンの皆様が気軽に訪れることができるようになります。
 

「福島ふりかエール旅キャンペーン」もスタート!

これに伴い、福島市では独自のキャンペーンとして「福島ふりかエール旅キャンペーン」をスタートします!
 
 
その名の通り「エール」を”振り返ろう”というもので、「エール」に関連する観光スポットを楽しみながら、市内のキャンペーン参加店で福島の魅力ある食や体験コンテンツをお楽しみいただくだけで総額330万円相当、総勢210名様に福島市特産品等が当たるキャンペーンを実施予定。これを機に、福島の魅力であるフルーツ(桃など)を使った新たなメニューも登場し、福島の食の魅力にますます目が離せません。
 

詳しい内容は、このサイトにてまもなくリリースとなります。どうぞお楽しみに!

 

「モネ」で盛り上がる気仙沼&登米

記者会見終了後、チームは気仙沼の街中を視察。
 
あちこちにのぼりや横断幕があり、ホテルやお土産品店など、すでに「モネコーナー」ができていて、1年前、「エール」のスタートで沸いた福島市を思い出します。朝ドラは地域の心を一つにする大きなパワーがありますね。
 
 
ヒロイン「モネ」が働いている登米市は気仙沼から車で1時間ほど。
 
こちらにも行ってきましたよ!今ドラマを見ている方は、「あ、ここ!」とお気付きですよね。
森林セラピーも実際に登米市で行われているそうです♪
 
 
 

 
今後、気仙沼市や登米市の素晴らしい場所がどんどん紹介されていくと思いますので、
今後も目が離せませんね!!

福島市の魅力満載! 人気記事ランキング

みんなに人気の福島市情報! コンテンツ別 人気ランキング

観光・スポット

体験・ツアー

グルメ・お土産

温泉・宿泊

福島市の特産品! ふるさと納税をご紹介