MENU

旬のおすすめ

【ふくしま御朱印めぐり】Vol.1 文知摺観音

御朱印帳を持って福島市の神社&寺院をめぐってみよう!

文知摺観音 御朱印 紅葉 モミジ

御朱印とは、神社や寺院で頂く墨書きと押印のこと。多くは、寺社名と御本尊・御祭神名や日付が墨書きされ、朱色で押印されています。
【ふくしま御朱印めぐり】では、福島市で御朱印を頂くことができる神社や寺院をご紹介していきます。また、御朱印を拝受した後に行ける近くのカフェなども併せてご案内します。

1回目は福島市山口にある文知摺観音(もちずりかんのん)。俳聖・松尾芭蕉も訪れた由緒あるお寺は、御朱印を授かるだけでなく、散策を楽しみながら心を落ち着けることができる場所です。ちょうど紅葉の見ごろの2020年11月初旬に訪れました。
まずは拝観の前に、入り口右の社務所に御朱印帳をお預けしましょう。「文知摺観音」では、御朱印帳に墨で直書きをしています。大勢の方が御朱印をお願いしている場合がありますので、あらかじめ預けておくとスムーズに受け取ることができますよ。

眺めも紅葉も抜群、歴史ある文知摺観音へ

文知摺観音の歴史は古く、「文知摺石(もちずりいし)」には悲恋の物語が伝わっており、別名は「鏡石」。この石が遠く離れた想い人に見えたので「鏡石」とも呼ばれることになったのだそう。この悲恋は小倉百人一首にも詠まれていて、境内に歌碑も残されています。
また、古今集では源融(みなもとのとおる)が「みちのくの しのぶもちずり 誰ゆえに 乱れ染めにし 我ならなくに」、松尾芭蕉は「早苗とる 手もとや昔 しのぶずり」とそれぞれ「信夫文知摺(しのぶもちずり)」のことを読んでいます。歴史の重みを感じますね。
境内は「信夫文知摺公園」として整備されていて、散策を楽しむこともできます。

文知摺観音 御朱印 紅葉 モミジ

文知摺観音の入り口。右側が社務所となっています。

文知摺観音 御朱印 紅葉 モミジ

入り口左側の鐘つき堂は、秋にはイチョウとモミジの見事な紅葉のコントラストを楽しむことができます。

文知摺観音 御朱印 紅葉 モミジ

「文知摺石」は昔この地で盛んだった「もちずり絹」を今に伝えています。

文知摺観音 御朱印 紅葉 モミジ

「文知摺石」横の階段を上ると観音堂があります。厳かな気持ちでお参りしましょう。

公園内には、観音堂、多宝塔などの建物の他、松尾芭蕉や正岡子規、古今和歌集で詠まれた歌の歌碑もあります。御朱印を授かるだけでない楽しみ方があるのも「文知摺観音」の魅力ですね。

 文知摺観音 御朱印 紅葉 モミジ

休憩スペースにもなっている「水月庵」からの眺め。利用の際は社務所に声をかけましょう。

 文知摺観音 御朱印 紅葉 モミジ

「水月庵」からは色づいたモミジの合間に遠く吾妻連峰をのぞむことができます。

 文知摺観音 御朱印 紅葉 モミジ

観音堂から左に上った場所にある「多宝塔」は福島県の重要文化財にもなっています。極彩色の凝ったつくりには目を見張るようです。

 文知摺観音 御朱印 紅葉 モミジ

正岡子規の歌碑。松尾芭蕉や小倉百人一首十四番歌となっている河原左大臣の歌碑もあります。境内を探してみましょう。

たくさんの木々が植えられた境内は、春には桜、初夏には藤、盛夏にはハス、秋には真っ赤に色づいたモミジなど、福島の四季を感じられる、まさに心が洗われるような場所です。

文知摺観音 御朱印 紅葉 モミジ

ハス池のほとりには藤棚があって、夏には見事な花を咲かせるでしょう。

文知摺観音 御朱印 紅葉 モミジ

モミジは色づくスピードも色合いも様々で、グラデーションが楽しめます。

お参りして心が穏やかになったところで、お願いしておいた御朱印を受けとりましょう。この【ふくしま御朱印めぐり】では、福島市の第一印刷さんが販売している御朱印帳を使っています。

文知摺観音 御朱印 紅葉 モミジ

【ふくしま御朱印めぐり】の初・御朱印。300円お納めします。

文知摺観音 御朱印 紅葉 モミジ

会津木綿で作られた御朱印帳は2200円。福島市の西澤書店でも購入可能。

普門院 文知摺観音Data

住所 〒960-8202 福島県福島市山口文字摺68
電話番号 安洞院 024-534-0939
ホームページ http://antouin.com/about/fumonin.html
開園時間 9:00~17:00(冬季16:00)
休日 年中無休(正月三日間は資料館のみ休館)
料金 無料
資料館は有料(大人200円、小中学生100円、未就学児無料)
水月庵での休憩は1人100円
駐車場 有り(無料)
関連記事 文知摺観音

御朱印Data

御朱印の種類 直書き・直筆
朱印料 300円
受付時間 9:00~17:00(冬季16:00)
受付場所 社務所(入口にあります)
※直書きをお願いする場合は、拝観前に社務所に御朱印帳をお預けしましょう。
※御朱印は記念スタンプではありません。最初にお参りをし、厳かな気分で授かりましょう。

阿武隈川の川べりにあるカフェでほっこり

文知摺観音から車で約5分。阿武隈川の流れを眺めながらくつろげる「Kawaberry Cafe(カワベリーカフェ)」へ行ってみましょう。
Kawaberry Cafeはその名の通り川べりにあり、季節のスイーツや豊富な種類のドリンク、自家製パンで作ったサンドイッチ(880円・ドリンクとヨーグルト付)などが自慢のカフェ。本店は伊達市梁川町の老舗「マザーヤマキ」なので、パンも焼き菓子もどれも美味しい!コーヒー(470円)は福島市松川町にあるSEKIYAさんで特別にブレンドしてもらっているそうで、これは飲まずにはいられませんね。
おススメややはり、阿武隈川の白鳥にちなんだ「スワンシュー(280円)」。季節のスイーツ・秋のオススメは「かぼちゃのブリュレ(520円)」だそうですが、お店の方によると「もうそろそろ終了して切り替えるかもしれません。」とのこと。冬のスイーツを何するかは今考えているところだそうで、楽しみですね。
新型コロナウィルスのためにしばらくテイクアウトのみにしていましたが、6月に再開してからは、1組につき2名までの入店に限る(1組で3名以上では入店できない)など、感染対策をしながら営業しているとのこと。ドリンクやスイーツはテイクアウトもできます(店内飲食のみのものもあり)。

Kawaberry Cafe カワベリーカフェ ラテアート

左からスワンシュー(280円)もちもち栗ワッフル(季節限定・160円)手作りプリン(280円)クマのラテアートが可愛いラテ(520円)

Kawaberry Cafe カワベリーカフェ ラテアート

落ち着いた雰囲気のくつろげる店内。窓からは信夫山も眺めることができます。

Kawaberry Cafe カワベリーカフェ ラテアート

阿武隈川のほとりの水色の可愛らしいカフェでほっこり。

美味しいスイーツとドリンクでさらに心穏やかに、1回目の【ふくしま御朱印ウォーク】はここまでにしたいと思います。次回をお楽しみに。

Kawaberry Café(カワベリーカフェ)Data

住所 福島市岡部上条60-1
TEL 024-597-8009
公式Instagram https://www.instagram.com/kawaberrycafe/
営業時間 10:00~18:00
「夜カフェ」の日は10:00~12:00
夜カフェ実施日はInstagramを確認
店休日 無休(臨時休業あり)
臨時休業はInstagramを確認

※Kawaberry Cafeでは、2020年のクリスマスケーキのご予約を受け付け中。生クリームや生チョコクリームのデコレーションケーキの他に、ガトーショコラやフルーツタルトもありますよ。詳しくはお問い合わせを。

Kawaberry Cafe カワベリーカフェ ラテアート

生チョコクリームデコレーションケーキは5号2800円~8号7000円。大きさやその他のケーキの種類についてはお店にお問合せください。

佐藤いく子

準レギュラーライター

佐藤いく子

福島市在住の福島をこよなく愛する大の猫好きライター。結婚出産のために貿易会社を退職後に専門学校非常勤講師、DTPデザイン、イベント企画運営、パソコン講座の講師などを経験。関心事は、食と酒、料理、街歩きや街づくり、写真、スポーツ、映画やサブカルなど幅広く、新しいもの大好き&好奇心旺盛。歴女でもある。

ライター紹介はこちら

福島市の魅力満載! 人気記事ランキング

みんなに人気の福島市情報! コンテンツ別 人気ランキング

観光・スポット

体験・ツアー

グルメ・お土産

温泉・宿泊

福島市の特産品! ふるさと納税をご紹介