MENU

旬のおすすめ

9/23(祝)【ワイン ヴァン ヴィーノ×ピーチホリデイ】ワインとフルーツの美味しい一日を

シールラリーが使えるイベントでラストチャンスを楽しもう!

あの大人気の食イベントが帰ってくる!

福島市の秋の風物詩のひとつ「ワイン ヴァン ヴィーノ フクシマ 」。「ワイン」をテーマに美味しいものが大集合するイベントです。市内外の人気レストランの自慢のフード、こだわりのワインをオープンエアで気軽に楽しむことができるとあって毎回大盛況。来場者の舌も心も大満足させてきました。

コロナ禍により2019年から開催自粛していたこの人気イベントが、この秋、3年ぶりに帰ってきます。待ちに待っていた方も多いのではないでしょうか。

「ワイン ヴァン ヴィーノ」といえば、週末の連日開催のイベントですが今年は9月23日(祝)のみ、11時から20時までという限られた時間での実施となります。ただし、出展者の顔ぶれを見ると、これまで通り、いずれ劣らぬ人気店ばかり。さらに今年は「福島農家の夢ワイン」「逢瀬ワイナリー」「吾妻山麓醸造所」の3つのワイナリーが揃うオールふくしまの「ワイナリーブース」も登場、地産のワインとフードの組み合わせの妙をぜひお楽しみください。

ブースや周囲のお店をまわってシールをゲット!

今回開催されるワイン ヴァン ヴィーノは「ふくしまピーチホリデイ2022」の提携イベントとなっているため、シールラリーがお楽しみいただけます。各ブースに「ワイン ヴァン ヴィーノ」専用シールが置いてありますので、商品購入で貼っていただいて、3枚集めれば懸賞に応募ができます。

ピーチホリデイメンバー店である「福島ワイン酒場」「カメレオン」「オステリア・デッレ・ジョイエ」の三店に関しては、それぞれのお店のシールがありますので、なるべく違うシールになるようにたくさんまわっていただければと思います。

もちろん、会場となる「まちなか広場」の近くにもメンバー店がたくさんありますよ。

ただし、先日の台風以降収穫が早まったため、桃の配送が終了してしまい、メニューの提供ができなくなっているお店もあります。最新の情報はこちらをチェックしてください。
↓ ↓ ↓ ↓
https://www.f-kankou.jp/special/16169

また、入口付近の「Good Day Market 」のブースでは、ふくしまの野菜や果物のほか、農家支援企画として、この春の降ひょうの被害を受けた梨の販売も行われます。そちらもぜひお立ち寄りください。

ピーチホリデイのTシャツを着たスタッフもおりますので、シールラリーのことや、近くの「まちなかエリア」のお店のことなど、わからないことがありましたらお気軽に声をかけてくださいね。

では、ワインとフードとフルーツで、素敵な秋の一日をお過ごしください。

イベント情報

 イベント名

ワイン ヴァン ヴィーノ フクシマ 2022 -vol.11-

 日時

2022年9月23日(金・祝)11:00~20:00

会場

ふくしま駅前まちなか広場

料金 入場料 500円
内容

3年ぶりの開催です!

<レストランブース>
・WINEBAR HOSHINO(ワインバーホシノ)
・ozendateMASUZO(オゼンダテマスゾウ)
・カメレオン(スペインバル&リストランテカメレオン)
・TATTORIA La Wasabi(トラットリア ラ ワサビ)
・エノテカ オルトレ&イルクオーレ
・Canova Azzurro&大學
・Osteria delle Gioie(オステリア デッレ ジョイエ)
・Kitchen Nomad(キッチン ノマド)
・Dave’s Diner(デイブズダイナー)
・カンパイバル(焼きたてドイツパンとナチュラルワイン)
・Piccolo Bar Tigre(ピッコロバール ティグレ)
・PANTERA CAFFE(パンテーラ カッフェ)
・Incibtra Hirayama(インコントラ ヒラヤマ)
・Tea&Bar MAGIE NOIR(ティーアンドバー マジーノアール)
・ブラッスリー・メルバ(こおり地産洋食店メルバ)
・福島ワイン酒場S2021(手作りイタリアンが楽しめるワインバー)

<ワイナリーブース>
・ふくしま農家の夢ワイン(株)
・逢瀬ワイナリー
・吾妻山麓醸造所
※ソフトドリンクコーナー有り

<マルシェブース>
・Good Day Market~ふくしまの真摯な農家のお野菜マルシェ~

🍑ふくしまピーチホリデイ提携イベント🍑
3店舗まわるとその場で懸賞に応募できる!
「シールラリー」についてはこちら

駐車場

近隣駐車場(有料)をご利用ください。
※運転する方の飲酒は堅くお断りします。

HP・SNS

公式facebook

公式Instagram

備考  

 

 

熊坂仁美

編集長

熊坂仁美

福島市出身。慶應義塾大学文学部卒。専業主婦として2児を育てたあと2005年にITライターとして活動を開始。2010年、日本初のFacebookビジネス書『Facebookをビジネスに使う本』(ダイヤモンド社)を上梓。2013年に母の介護のためUターン。2018年よりデジタルマーケティングアドバイザーとして「福島市観光ノート」立ち上げに加わり、2020年、編集長に就任。ヤフーニュース個人オーサ—。

ライター紹介はこちら

福島市の魅力満載! 人気記事ランキング

みんなに人気の福島市情報! コンテンツ別 人気ランキング

観光・スポット

体験・ツアー

グルメ・お土産

温泉・宿泊

福島市の特産品! ふるさと納税をご紹介