MENU

イベント
歴史・伝統行事

【規模縮小】信夫三山暁まいり

信夫三山暁まいり

※画像は過去のものです。

2021年2月10日(水)・11日(祝)開催

2021年は大わらじの練り歩きと奉納は中止、規模を縮小して開催されます。
また、「暁まいり福男・福女競争」も中止いたします。
期間中の羽黒神社への参拝は可能ですが、参道の照明を設置しないため昼間の参拝をお願いいたします。

【暁まいりについて】
福島市のシンボル信夫山に鎮座する羽黒神社の例祭で、長さ12m、幅1.4m、重さ2tの日本一の大わらじを約100人で担ぎ上げ、福島駅前など市内目抜き通りを練り歩いた後、信夫山の羽黒神社へ奉納します。
昔、羽黒神社に仁王門があり、安置されていた仁王様の足の大きさにあった大わらじを作って奉納したことが由来とされ、江戸時代から400有余年にわたり受け継がれています。

五穀豊穣、家内安全、身体強健などを祈願し、また、足腰が丈夫になるほか、縁結びの神とも言われ3年続けてお参りすると恋が結ばれるという言い伝えもあることから若い男女の姿が絶えません。最近では、交通安全・合格祈願などにも霊験あらたかと伝えられます。

【交通】
バス:JR福島駅から福島交通・ バス市内循環「ももりん」2コース乗車→「福島テレビ」下車→徒歩30分(羽黒神社まで)
車:東北自動車道・福島飯坂ICから15分

【お問い合わせ】
信夫三山奉賛会 TEL:024-525-3720(福島市商工業振興課内)

福島市の魅力満載! 人気記事ランキング

みんなに人気の福島市情報! コンテンツ別 人気ランキング

観光・スポット

体験・ツアー

グルメ・お土産

温泉・宿泊

福島市の特産品! ふるさと納税をご紹介