MENU

旬のおすすめ

経験を、次世代へ。感謝と軌跡、元気になった福島を発信する「震災復興パネル展」

JR福島駅前「街なか交流館」で東日本大震災からの10年を振り返る

「あの日」から、10年。それぞれの「あの日」があり、これまでの10年があります。福島市はどのように復興し、ここで暮らす人はどのような想いで過ごしてきたのでしょうか。

福島市街なか交流館で現在開催中の「震災復興パネル展」について、担当者へのインタビューも交えてお伝えします。

支援への感謝と復興の軌跡を伝える「震災復興パネル展」

【開催期間】令和2年12月15日(火曜日)から令和4年2月28日(月曜日)まで(令和3年1月1日および令和4年1月1日を除く)

【開催時間】午前10時から午後7時まで

【開催場所】福島市街なか交流館(旧中合福島店2階)(福島市栄町5-1)

「震災復興パネル展」詳細

市長メッセージ

80インチ大型モニターによる映像の放映
・震災を経験された方の体験談
・福島市保育士が作成したデジタル紙芝居「ふくしまの記憶」
・東日本大震災・原子力災害伝承館 語り部の体験談


体験型展示及び展示スペース
・放射線測定器の体験、除染等の道具展示(大型土のうなど)

東日本大震災・原子力災害伝承館 移動展示コーナー


平成23年3月11日から令和2年3月31日までの年表と写真


新聞で振り返る震災直後のふくしま
・震災翌日の平成23年3月12日から3月19日までの8日間の新聞記事1面を掲示


小・中・高校生や大学生等から寄せられた感謝・エールメッセージ

復興データパネル

オリンピック・パラリンピック展示コーナー

記憶と教訓を、次世代へ

今回の震災復興パネル展について、福島市政策調整課の高野隆一主任にお話を伺いました。

はじめに、今回の開催に至った経緯を教えてください。

東日本大震災から10年を迎えるにあたり、福島市の復興に対する取り組みをパネル展として紹介しています。

震災から10年の月日が経過し、これまで国内外から受けた支援への感謝、復興の軌跡、新たなまちづくりの方向性などを発信し、記憶と教訓を次世代に継承することを目的に昨年9月19日~11月23日までは、福島学院大学駅前キャンパス1階で開催し、県内外の方々もご来場いただきました。昨年12月からは中心市街地の活性化するためにも、福島市街なか交流館(旧中合福島店2階)に会場を移し開催しています。

震災を経験した経験談の放映や震災からの年表などの展示は、福島市としても初めての取り組みです。

現在の会場(福島市街なか交流館)には、どのような方が訪れていますか。

福島駅前の旧中合福島店2階という立地もあり幅広い方々にご覧いただいています。お孫さんを連れていらっしゃるご家族も居ました。朝ドラ「エール」展や古関裕而のまち ふくしまPRコーナーと同じフロアなので、合わせて見てくださっている方も多いです。

▶「エールロス」のあなたに朗報!あの名シーンの撮影小物の展示が開始

さまざまな展示がありますが、特に見て欲しい企画はありますか。 

平成23年3月11日から令和2年3月31日までの年表です。10年間の福島市の取り組みや出来事と福島県、全国の出来事を比較しながら見ることができます。

そして、大型モニターで放映している「震災を経験された方の経験談」です。農業、観光業、避難を経験された方、自治会長、大学生、震災当日に生まれた小学4年生、車いすの方など、様々な背景の方々に震災当時のお話を伺うことが出来ました。また、市保育士が作成したデジタル紙芝居「ふくしまの記憶」や東日本大震災・原子力災害伝承館の語り部の体験談の映像も放映されています。是非、ご覧いただければと思います。

※こちらの体験談は福島市公式ユーチューブ[ふくしまチャンネル]でもご覧いただけます。

▶「震災復興パネル展」 東日本大震災を体験された方の体験談 ~前編~

▶「震災復興パネル展」 東日本大震災を体験された方の体験談 ~後編~

見えないものを、どう表現するか

展示にあたり、工夫した点や苦労した点などを教えてください。

展示にあたっては、外部有識者の意見も取り入れながら進めて行きました。福島市の場合は、住宅や道路等の被害もありましたが、原発事故による放射能の被害が大きく、やはり目に見えないものを展示でどう表現するか。それが非常に難しかったです。
土のう袋は、特に県外から来た人はその大きさに衝撃を受ける方が多いです。実際、福島市も除染が大変だったということが少しでも伝わればと思います。

今回の展示を、どのような方々に見ていただきたいですか。

福島の方々を中心に県内、全国の方々にパネル展を通じて当時や現在の福島市について見ていただければと思います。震災を知らない小中学校の「学習の場」として、また、自分たちと同世代にも是非見て欲しいです。働き盛りの世代は、夢中で仕事をしていて当時の事を忘れている部分も多いと思います。もう一度思い出し、防災の意識を高めたり今後の生活に生かしてもらいたいです。

当時を思い出すことが辛いという方がいらっしゃるのも、よくわかります。ですが、やはり忘れてはいけないこと。次の世代につなげていくのが、当時震災を体験した私たちの務めだと思います。

経験したからこそ、伝えたい

最後に、メッセージをお願いします。

当時大変だった時に、世界中から本当にたくさんの支援物資や励ましの言葉をいただきました。経験したからこそ、それを糧に次のステップへ向かい、新しいまちづくりに取り組んでいきたいと思います。
10年が経ち、福島が元気になった姿や、他の地域が有事の際にお手伝いできるような「世界にエールを送るまち」を目指して行きたいと思います。

世界にエールを送るまち ふくしま

災害は、忘れた頃にまたやってきます。先日の福島県沖地震では、10年前のことを思い出した方も多かったのではないでしょうか。パネル展は、来年2月末まで開催しています。それぞれのタイミングで、是非一度、足を運んでみてください。

取材・文/三廻部 麻衣

福島市の魅力満載! 人気記事ランキング

みんなに人気の福島市情報! コンテンツ別 人気ランキング

観光・スポット

体験・ツアー

グルメ・お土産

温泉・宿泊

福島市の特産品! ふるさと納税をご紹介