MENU

旬のおすすめ

朝ドラ「エール」のまち歩き

地図を片手に福島市のまちを歩こう!

朝ドラ「エール」のまち歩き

福島が生んだ偉大な作曲家・古関裕而さん。朝ドラ「エール」のモデルになった古関さんゆかりの地をJR福島駅を起点に巡ります。

こちらからMAPをダウンロードしてぜひお使い下さい。

「エール」ラッピングバスに乗ろう

出発はJR福島駅東口。朝ドラ「エール」一色になっている福島駅前に古関裕而像があります。優しい笑顔でピアノを弾く姿に、穏やかだったと言われるお人柄が偲ばれます。福島市民の待ち合わせ場所にもなっている古関裕而像から、この街歩きはスタートです。

福島駅東口では朝ドラ「エール」の横断幕や看板がお出迎え

福島駅東口では朝ドラ「エール」の横断幕や看板がお出迎え

1時間に1回古関メロディを奏でる駅前広場の古関裕而像

1時間に1回古関メロディを奏でる駅前広場の古関裕而像

駅前広場の花時計も「エール」仕様に。音符の模様に花が植えられています

駅前広場の花時計も「エール」仕様に。音符の模様に花が植えられています

バスプール一番奥の11番乗り場へ。臨時バス「ふくしまエール号」は、朝ドラの出演者・窪田正孝さんと二階堂ふみさん、古関裕而ご夫妻の写真でラッピングされていて、否応なしに気分が上がります。

古関裕而ゆかりの場所を巡るふくしま「エール号」 

 

古関裕而ゆかりの場所を巡るふくしま「エール号」 

古関裕而ゆかりの場所を巡るふくしま「エール号」

このバスに乗って、第一の目的地・古関裕而記念館へ直行しましょう。「エール号」は2020年6月20日(土)~9月27日(日)の土日祝のみ運行中。

片道 大人280円
小児140円
1日フリー乗車券 大人500円
小児250円

古関裕而さんの偉業を知ろう

古関裕而さん育った福島市街地や大好きだった信夫山のふもとを通り、「古関裕而記念館」へ。2階の展示室には、直筆の楽譜や愛用していたカメラ、生家の「喜多三商店」の法被などが展示されていて見ごたえ充分。

3つの座卓に別々の楽譜を置き、複数の曲を一度に作曲したという書斎も再現されていています。展示室内には古関さんの曲が流れていて、あの曲も?この曲も?と聞き覚えのある曲を耳にすることができるでしょう。

また、階段などに飾ってある絵は古関裕而さんの手によるもの。その多彩さに驚かされるばかりです。1階ロビーでは、「エール」の映像を放映中。

名曲「とんがり帽子」を思い起させる塔にもご注目を

名曲「とんがり帽子」を思い起させる塔にもご注目を

開館時間は9:00~16:30(入館は16時まで)。入場料無料。無休(臨時休館あり)。

開館時間は9:00~16:30(入館は16時まで)。入場料無料。無休(臨時休館あり)。

「福島」と「豊橋」を結ぶ「エール御膳」を味わおう

古関裕而記念館から徒歩5分ほどのところにある「味処大番 竹林亭」では、朝ドラ「エール」にちなんだ「エール御膳」が楽しめます。「エール御膳」は、古山裕一=古関裕而のふるさと・福島と、古山音=古関金子のふるさと・愛知県豊橋の食材をふんだんに使ったランチ。「エール」で関内家の人々が食べていた豊橋のちくわや、古関裕而さんが大好きだった紅葉漬け、ドラマで大反響となった「薄皮饅頭」などを、ドラマをイメージしながら堪能できます。お店の場所や営業時間など詳しくはこちら

「エール御膳」は数量限定。2500円(税別)

「エール御膳」は数量限定。2500円(税別)

古関裕而さんの福島への深い愛情を知ろう

次は「福島聖ステパノ教会」から徒歩5分の「古関裕而まちなか青春館」へ。古関裕而さんが育った当時の福島市街地の様子や、生家「喜多一商店」の看板など貴重な資料が展示されています。また古関さんが作曲した「オリンピックマーチ」にちなんだ展示も。開館期間は2020年6月20日(土)~11月30日*(月)の期間限定。

開館時間は10:00~16:00(最終入館15:30)。入場料無料。無休。

開館時間は10:00~16:00(最終入館15:30)。入場料無料。無休。

貴重な古関家の写真も。ご両親はドラマ同様の美男美女。

貴重な古関家の写真も。ご両親はドラマ同様の美男美女。

古関裕而さんの年譜。あの「福島ハーモニカ倶楽部」のモデルとなった楽団の写真も。

古関裕而さんの年譜。あの「福島ハーモニカ倶楽部」のモデルとなった楽団の写真も。

「エール」ショッピングを楽しもう

「古関裕而まちなか記念館」からすぐ南にある「喜多三商店」。古関裕而さんの生家の名前のついた売店で、「エール」にちなんだ数多くの商品や福島のお土産品を取り扱っています。福島市土湯温泉の職人が1つ1つ手作りした古関裕而夫妻そっくりなこけしなど、思わず手に取りたくなる品がいっぱいです。

「喜多三商店」は10:00~17:00の営業。火曜日定休。

「喜多三商店」は10:00~17:00の営業。火曜日定休。

古関裕而さんにちなんだ日本酒や、「佐藤久志」のモデル・伊藤久男さんがラベルの日本酒も。

古関裕而さんにちなんだ日本酒や、「佐藤久志」のモデル・伊藤久男さんがラベルの日本酒も。

「エール」で主人公や「川俣銀行」の面々が食べていた「太陽堂むぎせんべい」も手に入れられます。

「エール」で主人公や「川俣銀行」の面々が食べていた「太陽堂むぎせんべい」も手に入れられます。

その向かいの「Pentonote(ペントノート)」では、古関裕而さんが作曲の時に使っていた消しゴム付き鉛筆を復刻したものを手に入れることができます。古関さんは基本的に作曲されるときは鉛筆で譜面を書いていて、すぐに消せるように消しゴムが付いたものを愛用していたそう。この鉛筆を使えばあなたも名作曲家になれるかも?

復刻版の消しゴムつき鉛筆は12本入1500円(税別)

復刻版の消しゴムつき鉛筆は12本入1500円(税別)

ペントノートはこの建物の2階。10:00~19:00(日曜日は18:00)。火曜日定休。

ペントノートはこの建物の2階。10:00~19:00(日曜日は18:00)。火曜日定休。

歩き疲れたら、ペントノートから信号を渡って南側、上町テラス1階にあるカフェ「Pâtisserie Éclore(パティスリーエクロール)」でちょっと一息コーヒータイム。見た目にも美味しいパンやスイーツが自慢のお店です。「エール」にちなんだ「クレ・ドゥ・ソル」は、100%福島県産米粉で作った、ト音記号をイメージしたうず巻き模様のクッキーでクリームをサンドしたおしゃれなお菓子。持ち帰りはもちろんイートインも可能です。

「クレ・ドゥ・ソル」は1個240円、5個入り1200円(いずれも税別)。人気の商品なのでお早めに。

「クレ・ドゥ・ソル」は1個240円、5個入り1200円(いずれも税別)。人気の商品なのでお早めに。

11:00~19:00(土曜日は~18:00)。日曜日定休(他不定休有)。

11:00~19:00(土曜日は~18:00)。日曜日定休(他不定休有)。

古関裕而さん生誕の地で「喜多一」のセットや衣装を見よう

一息ついたら、福島駅方面へ歩いて3分ほどで「エール展」を開催中の「チェンバおおまち」に到着。実は古関裕而さんがお生まれになったのは、この「チェンバおおまち」の隣で、当時の福島市の中心地でした(その頃の写真は「古関裕而まちなか青春館」で見ることができます)。

「エール展」では、主人公・古山裕一の実家「喜多一商店」の玄関のセットや出演者の等身大パネル、裕一の父・三郎が裕一の誕生を記念して購入したレジスターや「コロンブス」のレコードなどが展示されています。等身大パネルと並んで立つと、出演者気分が味わえるかも?隣のショップ「ら・さんたランド」で古関金子さんをイメージして作った「黄金メロンパン」をお土産にどうぞ。

チェンバおおまちは「エール」の大きな看板が目印。10:00~19:00。入場料無料。

チェンバおおまちは「エール」の大きな看板が目印。10:00~19:00。入場料無料。

主人公・古山裕一役の窪田正孝さんが撮影で着用した衣装も。

主人公・古山裕一役の窪田正孝さんが撮影で着用した衣装も。

撮影で使用したレジスター。唐沢寿明さん演じるお父さんが息子の誕生を喜ぶ声がよみがえるよう。

撮影で使用したレジスター。唐沢寿明さん演じるお父さんが息子の誕生を喜ぶ声がよみがえるよう。

「黄金メロンパン」は1個250円(税込)。展示スペース隣のショップで購入可能。

「黄金メロンパン」は1個250円(税込)。展示スペース隣のショップで購入可能。

古関裕而さんが愛した福島の名品を探そう

チェンバおおまちから福島駅地下の歩道を通って福島駅西口へ。「コラッセふくしま」1階の「福島県観光物産館」にある「ふくしまラウンジ」で1日の疲れを癒しましょう。

お酒好きの方は「ふくしまラウンジ」で、「令和元年度全国新酒鑑評会」入賞酒の飲み比べにチャレンジ。スイーツ好きの方には、古関裕而さんのご家族が戦時中に疎開していた飯坂温泉の名物「ラジウム玉子」と「飯坂温泉グラノーラ」を使った「ラヂグラソフト」がおススメ。物産館内には、全国新酒鑑評会金賞受賞数連続日本一を更新中の福島県の地酒はもちろん、古関裕而さんの大好物「阿武隈の紅葉漬け」などの県内の名品がいっぱい。発送もできるので、お酒の瓶など重い荷物を持つ心配もありません。帰りにじっくり選ぶのもいいですね。
福島県観光物産館は年中無休。9:30~19:00(ふくしまラウンジは10:30~)

多彩なイベントも開催している福島県観光物産館の詳しい情報はこちらから。

「ラジウム玉子」をソフトクリームに混ぜるとカスタードクリームのような味わいに。

「ラジウム玉子」をソフトクリームに混ぜるとカスタードクリームのような味わいに。

「エール」や古関裕而さんにちなんだグッズもいっぱい。

「エール」や古関裕而さんにちなんだグッズもいっぱい。

「エールにちなんだ福島の街歩き」いかがでしたでしょうか。今回は市内をめぐる小さな旅でしたが、レンタカーを使えば、タイトルバックに出てくる小川流れる美しい森「水林自然林」やロケ地「福島市民家園」などを巡ることもできます。また、今の季節は至るところで桃狩りも楽しめますよ。

【文/写真】佐藤いく子

福島市の魅力満載! 人気記事ランキング

みんなに人気の福島市情報! コンテンツ別 人気ランキング

観光・スポット

体験・ツアー

グルメ・お土産

温泉・宿泊

福島市の特産品! ふるさと納税をご紹介