Loading...

わくわくふくしまインスタMAP

わくわくふくしまインスタMAP
わくわくふくしまインスタMAP

福島市の「わくわく」な
写真を大募集

みんなで世界にひとつの
福島市紹介MAPを作ろう!

1. わくわくふくしまインスタMAP

GoogleMap(マイマップ)とInstagram(インスタグラム)を利用し作成する、世界でひとつの福島市紹介MAPです。
これまで投稿いただいた「#wakufuku」が付いた投稿と、わくわくふくしまインスタMAPフォトコンテスト応募作品の中から選考を行い、選ばれた写真を「わくわくふくしまインスタMAP」に追加します。
※「わくわくふくしまインスタMAP」はGoogleの利用規約に従い作成します。

 

わくわくふくしまインスタMAPフォトコンテスト(夏) 受賞作品はこちら
わくわくふくしまインスタMAPフォトコンテスト(春) 受賞作品はこちら

2. わくわくふくしまインスタMAPフォトコンテスト

(1)わくわくふくしまインスタMAPフォトコンテストについて

 (以下、「わくふくインスタフォトコン」という)

Instagram(インスタグラム)を利用したフォトコンテストです。
「わくふくインスタフォトコン」に参加する場合は下記「(3)応募方法」及び「3.利用規約」をご確認の上、福島市内で撮影した「わくわく」する写真をご応募ください。
応募された写真は、その後審査により受賞作品を決定し、「わくわくふくしまインスタMAP」(以下、「インスタMAP」という)に登録します。
また、受賞作品投稿者には福島市の特産品をプレゼントします。
魅力あふれる写真の投稿をお待ちしています。

(2)応募期間

下記の表の通り、募集を行います。
※都合により多少日程が前後する場合があります。

  • 応募期間
  • 2019/9/6(金)~12/5(木)
  • 指定ハッシュタグ
  • #wakufuku #秋のわくふく2019
  • コンテスト投票期間
  • 2019/12/11(水)~12/16(月)
  • MAP公開
  • 2019/12/27(金)
  • 応募期間
  • 2019/12/6(金)~2020/3/5(木)
  • 指定ハッシュタグ
  • #wakufuku #冬のわくふく2019
  • コンテスト投票期間
  • 2020/3/11(水)~2020/3/16(月)
  • MAP公開
  • 2020/3/27(金)

(3)応募方法

1 〉福島市観光コンベンション推進室アカウント( @wakuwaku_fukushima )をフォロー
2 〉福島市内で写真撮影!
3 〉以下の項目を付けて投稿
・キャプションに指定のハッシュタグ2つ「 #wakufuku 」及び(例:「 #秋のわくふく2019 」)
・位置情報

応募方法(フロー図)秋
応募方法(フロー図)秋
(4)注意事項

❶本フォトコンテストは、下記事項及び「3.利用規約」への同意を前提条件としてInstagram(インスタグラム)ユーザーが投稿することができます。
❷ご応募くださる方は福島市観光コンベンション推進室Instagram(インスタグラム)アカウント「 @wakuwaku_fukushima 」のフォローをお願いします。
❸ご自身のアカウントでの投稿をお願いします。
❹コンテスト期間中は何度でも投稿いただけます。ただし、同じ写真を何度も投稿することはご遠慮ください。
❺投稿いただく作品は、投稿者本人のオリジナル作品かつ未発表のものに限ります。
❻Instagram(インスタグラム)から本コンテストに写真を投稿いただくためには、キャプションに指定のハッシュタグ「#wakufuku」と季節毎のハッシュタグ「#秋のわくふく2019」、位置情報の追加が必須となります。また、撮影場所はできるだけ詳細にご記載いただきますようお願いいたします。
❼非公開アカウントでは作品が見られませんので、必ず公開アカウントでの投稿をお願いします。また、投稿後、コンテスト応募期間中に非公開アカウントとなった作品については、フォトコンテスト応募資格が失われますのでご了承ください。
❽投稿いただいた作品は、福島市の広報やPRに使用させていただく場合があります。二次利用にご承諾いただける方のみ、ご応募くださいますようお願いいたします。
❾投稿いただいた作品から上記記載の通り選定を行い、季節毎に受賞作品を決定します。また、受賞作品は、3ヵ月ごとに「インスタMAP」に追加していきます。
❿受賞作品を投稿されたInstagram(インスタグラム)ユーザーの方には商品を発送させていただきます。商品発送の際に、福島市観光コンベンション推進室Instagram(インスタグラム)アカウント「 @wakuwaku_fukushima 」から、個別にInstagram(インスタグラム)のダイレクトメッセージにてご連絡させていただきます。
⓫Instagram(インスタグラム)ご利用の際は、「3.利用規約」のほか、Instagram(インスタグラム)の規約を遵守してください。

(5)受賞作品決定方法
【コンテスト投票期間
:12/11(水)~12/16(月)】

インスタグラム上で「いいね」の数が非表示となったことに伴い、夏の投稿から受賞作品決定方法を変更いたしました。ご了承ください。
募集期間内に投稿された作品の中から、審査員が受賞作品候補を選定します。
※受賞作品候補に偏りがないよう、撮影場所や投稿者が同じ作品については、審査員と事務局により絞り込みをおこないます。詳細は利用規約の【3】(2)をご覧ください。

皆さんによるWeb投票をお願いします。

・投票数が多かった順に受賞作品10件を決定します。
・別途、磐梯吾妻スカイラインや吾妻山に関するすべての写真の中からスカイライン特別賞(2件)を決定します。

皆さんの投票で「インスタMAP」に掲載される写真が決定します!
投票をお待ちしています!!

(6)投票フォーム

公開:12/11(水)〜12/16(月)予定

 投票はこちら
(7)受賞者賞品

受賞作品10件は「インスタMAP」に掲載させていただきます。

・MVP(1件)
・準MVP(1件)
・秋のわくふく2019賞(8件)
(↑春・夏・秋・冬で変わります!)
・スカイライン特別賞(2件)
さらに、各賞に選ばれた方には、以下の通り賞品をプレゼントさせていただきます。
・MVP(1件): 福島市特産品  3,000円分
・準MVP(1件): 福島市特産品  2,000円分
・秋のわくふく2019賞(8件): 福島市特産品 1,000円分
・スカイライン特別賞(2件): スカイライン関連賞品

(8)お問合せ先

福島市役所観光コンベンション推進室 
024-572-5718

3. 利用規約

本「インスタMAP」及びわくわくふくしまインスタMAPフォトコンテスト(以下、「わくふくインスタフォトコン」という)においてサービス利用される方(以下「ご利用者」という)は、本利用規約にご同意いただいたものとみなします。

【1】共通

(1)注意事項
・福島市が定める#wakufuku使用のルールを準用します。こちらからご確認ください。
・応募作品の著作権は投稿者に帰属しますが、応募された時点で福島市及び福島市の観光事業者が無償で使用することについて同意いただいたものとみなします。
Googleの利用規約及びInstagram(インスタグラム)の利用規約の内容を必ず確認・遵守し、投稿・閲覧願います。また、フォトコンテストに応募された時点で、(一社)福島市観光コンベンション協会(以下「本協会」という)ホームページ「こらんしょふくしま」上のGoogleマイマップ「インスタMAP」に作品が掲載されることに同意したものとみなします。
・福島市及び本協会が公開は不適切であると判断した作品は、インスタMAPには掲載いたしません。なお、不掲載の理由については一切開示いたしません。
・その他不正が発覚した場合、応募を無効とします。

(2)個人情報の取り扱いについて
・当選者には個人情報(当選時の賞品発送先)をご提供いただきます。
・ご提供いただいた個人情報は、受賞者への賞品発送とそれに伴うご連絡のみに使用します。
・通信上のリスクはご理解の上、インスタMAP及びフォトコンテストをご利用いただきますようお願いします。万が一、第三者の違法行為により、ご利用者の個人情報が漏えいしてしまった場合については、福島市及び本協会に過失が無い限り一切の責任を負いかねます。

【2】インスタMAPの利用について

(1)インスタMAPへの作品掲載について
・掲載対象作品は、「#wakufuku」が付いた全投稿になります。フォトコンテスト開始以前の作品も掲載させていただく場合がありますのであらかじめご了承ください。
・掲載作品は選考により決定いたします。
・掲載される作品は、福島市内で撮影されたもの、また、位置情報が付けられたものに限ります。
・インスタMAPへは、投稿写真、撮影場所の名称・住所・位置情報、投稿者アカウントのユーザー名、作品のURL等、写真に関する詳細な情報を掲載させていただきます。

【3】わくふくインスタフォトコンについて

(1)投稿方法について
・福島市内で投稿者本人が撮影した写真を投稿してください。
・投稿する写真は未発表のものに限ります。
・投稿する場合は必ず、福島市観光コンベンション推進室Instagram(インスタグラム)アカウント「@wakuwaku_fukushima」をフォローし、「#wakufuku」と「#秋のわくふく2019(春・夏・秋・冬で変わります)」の2つのハッシュタグを付けてください。
・コンテスト中は何度でもご応募いただけます。

(2)審査について
・審査対象は応募期間内に投稿され、審査条件が満たされる作品に限ります。
・次の手順により受賞作品を決定します。
≪MVP賞、準MVP賞、秋のわくふく2019賞≫
①審査員による選考により30件程度を投票対象作品として選出する。
ただし、投票対象作品の中に同じ撮影場所及び同じユーザーの作品は各1件に限るものとする。その際、事務局による重複作品の整理と、審査員による評価に基づき選出作品を決定する。
②Web投票と、福島市観光案内所(西口)で行うパネル投票による得票数の合計により受賞作品を決定する。
≪スカイライン特別賞≫
磐梯吾妻スカイライン及び吾妻山に関する写真の中から選出する。ただし、MVP賞、準MVP賞、秋のわくふく2019賞との重複、または同3賞の受賞ユーザーとの重複は妨げない。

(3)投票方法について
投票フォームより、Web上で投票を行ってください。
・Web投票する際の通信中のリスクに関しては、ご理解の上投票いただきますようお願いいたします。
・JR福島駅西口観光案内所(福島市栄町1-1)で、パネルによる投票も実施しています。お立ち寄りの際はぜひ、ご投票ください。
・投票の詳細については上記「2.フォトコンテスト(5)受賞作品決定方法」をご覧ください。

(4)賞品について
・賞品の詳細については、受賞作品決定後に受賞者へInstagram(インスタグラム)ダイレクトメッセージを利用してご連絡いたします。
・賞品の発送は(一社)福島市観光コンベンション協会が行います。
・発送先は日本国内に限らせていただきます。
・海外在住投稿者が受賞した場合は、感謝状にかえさせていただきますのでご了承ください。
・受賞の連絡後、1週間以内に連絡が付かない場合は当選を無効とします。
・受賞者に資格がないと判断された場合、本規約を遵守していなかった場合、受賞者の住所変更・不在などにより賞品の受け取りができない場合は、受賞を無効とさせていただく場合があります。
・受賞者の権利は、第三者に譲渡することはできません。

※福島市が本規約の内容を改定した場合は、当ページでお知らせします。改定した場合は、改定後の内容が直ちに適用されます。

規約改定
(2019.6)
・フォトコンテストの名称を追加…前文、【3】
・審査方法に関する記述を変更…【3】(2)
・投票方法に関する記述を追加・変更…【3】(3)
・項目を整理…【1】共通(1)注意事項
(2019.9)
・インスタグラムの「いいね」数の非表示に伴い、審査方法を全面的に変更…【3】(2)

【受賞作品紹介】

わくわくふくしまインスタMAPフォトコンテスト(2019夏)

  • 名称

    荒井

    MVP

    投稿者

    @sho_sato_fukushima

    説明

    本市で開催しているフォトコンテストで度々入賞するスポットです。星空が田んぼに写る姿は圧巻です。

  • 名称

    浄土平

    準MVP

    投稿者

    @beko0713

    説明

    標高約1,600mに位置し、福島市内から車で約1時間で高山の自然が味わえます。また、日本一高い位置にある福島市浄土平天文台では、満点の星空を楽しむことができます。

  • 名称

    あづま総合運動公園

    夏のわくふく2019賞

    投稿者

    @kumicho.0614

    説明

    スポーツ施設や公園、庭園等が整備され、大人から子どもまで楽しめる施設です。昼と夜では違った顔を見せ、本フォトコンテストへは星空の写真が多く投稿される、今注目のスポットです。

  • 名称

    磐梯吾妻スカイライン

    夏のわくふく2019賞

    投稿者

    @hidehie.22

    説明

    高湯温泉と土湯峠を結ぶ、全長29km、最高標高1,622kmの山岳観光道路です。日本の道百景にも選ばれ、春の「雪の回廊」から秋の紅葉まで、季節毎に雄大で変化に富んだ様々な景色を見ることができます。

  • 名称

    福島とうろう流し

    夏のわくふく2019賞

    投稿者

    @yamaneeeeei

    説明

    福島県庁裏の阿武隈川河畔に、約6,000個の灯篭に明かりがともされ、先祖らへ鎮魂の祈りを捧げる福島市の夏の風物詩となっています。

  • 名称

    まるせい果樹園 森のガーデン

    夏のわくふく2019賞

    投稿者

    @fukumomo_s6

    説明

    福島市のピーチラインに佇む「まるせい果樹園 農家カフェ 森のガーデン」では、くだものが丸ごと乗った季節のパフェを食べようと多くの人が訪れます。

  • 名称

    ふくしま花火大会

    夏のわくふく2019賞

    投稿者

    @star_change

    説明

    約8,000発の花火が打ちあがり、福島県内で有数の規模を誇る花火大会です。厄払いや願い事をかなえてくれる縁起花火も登場し、福島の夏の夜空を彩ります。

  • 名称

    中野不動尊

    夏のわくふく2019賞

    投稿者

    @atnek_tcy

    説明

    昔より「中野のお不動様」として多くの人々が参詣した聖地です。厄除け・難除けの日本三大不動尊の一つとされ、多くの人が訪れる場所です。

  • 名称

    東吾妻山

    夏のわくふく2019賞

    投稿者

    @moco._.3003

    説明

    浄土平の南西に位置する山です。山頂からは趣の異なる東西の吾妻連峰を眺めることができます。

  • 名称

    赤川滝

    夏のわくふく2019賞

    投稿者

    @taka_fc19

    説明

    車と徒歩でアクセスできる、涼しげな滝です。暑さで有名な福島市ですが、涼を求めて出掛けてみませんか?訪れる際は、足元にお気を付けください。

  • 名称

    浄土平の星空

    スカイライン特別賞

    投稿者

    @taka_fc19

    説明

    標高約1,600mに位置する浄土平では、街の明かりに邪魔されることなく満天の星空を堪能でき、肉眼でも天の川が見えるほど。浄土平駐車場から延びる遊歩道では、湿原を流れる水や風の音が静かに響きます。

  • 名称

    吾妻小富士から見下ろす磐梯吾妻スカイライン

    スカイライン特別賞

    投稿者

    @beko0713

    説明

    磐梯吾妻スカイラインを上ると、夏の早朝には眼下に雄大な雲海が広がります。写真に収めようと多くの写真愛好家が訪れます。この写真は浄土平駐車場から歩いて15分程度で登れる吾妻小富士から撮影されました。

わくわくふくしまインスタMAPフォトコンテスト(2019春)

  • 名称

    花見山

    MVP

    投稿者

    @3rdeye_landscape

    説明

    写真家の故・秋山庄太郎氏が「福島に桃源郷あり」と称えて全国に紹介した桜の名所です。たくさんの種類の花々を長期間楽しむことができます。

  • 名称

    右輪台

    準MVP

    投稿者

    @uta_toshi

    説明

    「わくふくインスタフォトコン」2019春に2件が入賞したしだれ桜の並木道は、知る人ぞ知るおすすめスポットです。近くには縄文時代の宇輪台遺跡の住居跡が復元されており、桜とともに歴史を感じることができます。

  • 名称

    大森城山公園

    春のわくふく2019賞

    投稿者

    @3rdeye_landscape

    説明

    伊達氏ゆかりの大森城跡の広場を中心に整備した公園です。春の園内には700本もの桜の花が咲き競います。夜はライトアップも行っており、市民に人気のスポットです。

  • 名称

    右輪台

    春のわくふく2019春

    投稿者

    @taka_fc19

    説明

    「わくふくインスタフォトコン」2019春に2件が入賞したしだれ桜の並木道は、知る人ぞ知るおすすめスポットです。近くには縄文時代の宇輪台遺跡の住居跡が復元されており、桜とともに歴史を感じることができます。

  • 名称

    あづま総合運動公園

    春のわくふく2019賞

    投稿者

    @taka_fc19

    説明

    あづま総合運動公園内には自然やスポーツ、歴史を楽しむことのできる様々なスポットがあります。広い敷地の中からあなたのおすすめスポットを探してみませんか?

  • 名称

    波来湯(飯坂)

    春のわくふく2019賞

    投稿者

    @apomatsuura

    説明

    摺上川沿いの情緒豊かな風景を楽しむことができるこちらのスポットは、飯坂温泉に9つある共同浴場のうちの1つです。飯坂温泉ならではの源泉掛け流しの熱い湯と、適温に調整された温い湯の2つがあり、訪れた方の疲れを癒します。

  • 名称

    荒井の桜風景

    春のわくふく2019賞

    投稿者

    @uta_toshi

    説明

    土湯温泉に向かう国道115号に立ち並ぶ桜並木は通行者の目を楽しませてくれます。2年連続で賞を受賞し、注目を集めるスポットです。周辺スポットの「四季の里」や「土湯温泉」を訪れる際にはぜひお立ち寄りください。

  • 名称

    大笹生

    春のわくふく2019賞

    投稿者

    @tk_km__113

    説明

    周辺には、家族との時間やスポーツを楽しむ人で賑わう「十六沼公園」、自然豊かな「ふくしまスカイパーク」など様々なスポットがあります。また、2022年春には「道の駅」の完成が予定されており、今注目のエリアです。

  • 名称

    荒川桜づつみ河川公園

    春のわくふく2019賞

    投稿者

    @yuka18.11

    説明

    約220本の桜並木が立ち並び、多くの市民の憩いの場となっています。公園の背後に見える吾妻連峰の雪うさぎとともに桜をお楽しみください。

  • 名称

    芳水の桜

    春のわくふく2019賞

    投稿者

    @tage_young

    説明

    昭和天皇の即位を記念して植樹されたしだれ桜が訪れた人を歓迎します。すぐそばには池があり、水鏡に映る姿が人気で、毎年多くのカメラマンが訪れるスポットです。

わくわくふくしまインスタ大賞2018春

  • 名称

    花ももの里

    2018春 大賞(市長賞)

    投稿者

    @tamazou_ph

    説明

    飯坂温泉近辺にあり、2018年に福島市で開催した「わくわくふくしまインスタ大賞2018春」で大賞(市長賞)を受賞した作品の撮影スポットです。
    約80アールの広大な敷地に植栽された、世界中から集めた約40種の「花もも」が色とりどりに咲き乱れる景色をお楽しみください。

  • 名称

    高湯温泉

    2018春 優秀賞(インスタ情熱隊長賞)

    投稿者

    @ymgt_sy.10

    説明

    白濁の湯が特徴の温泉です。平成22年には東北初の「源泉かけ流し宣言」をしており、温泉街の全ての入浴・宿泊施設で源泉かけ流しの湯を楽しむことができます。

  • 名称

    あづま総合運動公園付近

    2018春 優秀賞(インスタ大好き若女将賞)

    投稿者

    @nipponjaga

    説明

    あづま総合運動公園は、紅葉の時期に綺麗な色付きを見せるイチョウ並木や、JリーグのJ3チーム「福島ユナイテッドFC」のホームゲームが行われる「とうほう・みんなのスタジアム」があるほか、東京2020オリンピック競技大会野球・ソフトボールの試合会場の一つです。

  • 名称

    荒井の桜風景

    2018春 優秀賞(インスタ大好き若旦那賞)

    投稿者

    @uta_toshi

    説明

    畜産試験場の横に立ち並ぶ桜並木は、「わくわくふくしまインスタ大賞2018春」で注目を集めた、通行者の目を楽しませてくれるスポットです。周辺スポットの「四季の里」「アンナガーデン」「土湯温泉」などを訪れる際には、ぜひお立ち寄りください。

  • 名称

    花見山公園

    2018春 シティ情報ふくしま賞

    投稿者

    @ymgt_st.10

    説明

    写真家の故・秋山庄太郎氏が「福島に桃源郷あり」と称えて全国に紹介した桜の名所で、たくさんの種類の花々を長期間楽しむことができます。写真は60分コースの山頂を降りた所に現れる、インスタグラム投稿におすすめの桜のトンネルです。

  • 名称

    荒川桜づつみ河川公園

    2018春 シティ情報ふくしま賞

    投稿者

    @nipponjaga

    説明

    8年連続で「水質が最も良好な河川(国土交通省水質調査)」に選ばれた荒川に隣接する公園で、約220本の桜並木があり、多くの人々の憩いの場となっています。公園の背後には吾妻連峰が見え、福島市観光PRキャラクター「ももりん」のモチーフとなった「吾妻小富士の雪うさぎ」と桜を一緒に楽しむことができます。

  • 名称

    食堂ヒトト

    2018春 シティ情報ふくしま賞

    投稿者

    @kyostagram

    説明

    無農薬の野菜や伝統的な作りの味噌や醤油など、からだをほっとさせる豊かな素材を使用した食事を、ゆったりとした空間で楽しむことができます。

  • 名称

    信夫山子供の森公園

    2018春 シティ情報ふくしま賞

    投稿者

    @ruuu_room

    説明

    福島市の真ん中にぽっかり浮かんでいるような「信夫山」は、福島市のシンボルとなっています。春には桜祭りが開催され、多くの人でにぎわいます。また、福島市を一望できる展望台や公園などがあり、四季を通して福島市の自然をお楽しみいただけます。

【お問合せ先】

福島市役所観光コンベンション推進室 
024-572-5718