トップページ > 福島を観光する

醫王寺(医王寺)

 奥州藤原氏の一門であり飯坂をおさめていた佐藤氏の菩提寺。源平合戦において、佐藤基治(大鳥城主)は、藤原秀衡の命を受け、息子の二人、継信、忠信兄弟を源義経に付き従わせました。継信、忠信兄弟は義経の身代わりとなり壮絶な最後を遂げたと言われています。戦いで二人の息子を失い悲しみにくれる老母のために嫁達が武将の姿をして慰めたという孝行話が残っています。また、元禄二年五月「奥の細道」の途中醫王寺を訪れた松尾芭蕉は、佐藤兄弟を偲び「笈も太刀も五月に飾れ紙のぼり」と詠んでいます。その笈は今もこの寺の宝物殿に安置されています。
福島市観光物産協会
ワンポイントアドバイス
 境内には、佐藤一族が滅ぼされた後、植えられたツバキがあり、それは継信、忠信を失った母「乙和御前」の悲しみがのり移り、花が開かないで蕾のままで散ってしまうといわれています。ぜひ探してみてください。
福島市観光物産協会
【交通】
電車:JR福島駅下車→福島交通飯坂線→医王寺前下車→徒歩15分
車:福島飯坂ICから5分 駐車場有り
【開館時間】
8:30〜17:00(季節により変更あり)
【休み】
年末年始
【料金】
大人 300円(30名以上 270円)
中高生 200円(30名以上 180円)
【問合せ先】
醫王寺 TEL 024-542-3797